Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

永井、新人の安部復帰で戦力万全/柏-東京予想布陣

配信

日刊スポーツ

<4日19時 柏-東京(三協F柏)> 新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、2月下旬から中断していたJリーグ。6月27日のJ2再開&J3開幕に続き、4日にはいよいよJ1もリモートマッチ(無観客試合)で再開します。2月21、22、23日の開幕節1試合のみ戦い、その後止まっていた約4カ月間で、チームはどう変化しているのか-。システムは? スタメンは? 戦力は? 再開まで3日となった1日、全9試合の予想スタメンを一挙掲載。開幕戦との顔ぶれを比較をしながら、待望の一戦への妄想!? を膨らませましょう! 【写真】柏ネルシーニョ監督 <FC東京> 再開後も、今季からの新戦術である4-3-3を継続する見通しだ。3トップには強力な外国人トリオをそろえる。さらに開幕時にはけがを抱えて欠場していた日本代表FW永井謙佑、注目の大卒ルーキーMF安部柊斗の2人がともに復帰。戦力を万全に戻すという面では、中断期間がプラスに働いた部分もあった。今季はU-23チームがJ3への参戦を辞退しており、実戦の場を勝ち取る競争も激しくなる。「総合力が問われる」と語る長谷川監督のもと、34人が競い合いながら悲願の初優勝を狙う。 <柏レイソル> 昨季J2で優勝し1年でJ1に復帰。ハードワークできる若手を補強し過密日程を戦う戦力は十分。ネルシーニョ監督も「在籍選手の大半がJ1をよく知っている。あくまで、本来あるべき場所に戻ってきただけ」と自信を秘める。開幕当初はGK中村、MF瀬川ら負傷者が続出したが、現在は続々と戦線復帰。東京オリンピック(五輪)世代のDF古賀は「J1でやれるのは自分をアピールする上では一番の場所。アピールする時間が増えた」と五輪延期にも前向きで、東京の強烈な前線に「1対1で負けないように意識したい」と話した。

【関連記事】