Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「バーチャルヨガ」がミレニアル世代にブームの兆し。登録者730万人超えのヨガ・インフルエンサーも

配信

AMP[アンプ]

世界中で静かなブームを起こし続けているヨガ。マインドフルネスは今やミレニアル世代を魅了する、一大アクティビティだ。新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、家での時間が増えてきた昨今、家で簡単に実践できるヨガと瞑想は、ミレニアルを含めたより幅広い層からも注目されてきている。

IoTで広がる自宅エクササイズの輪

駅前やオフィス街にあるフィットネス施設に通うスタイルが健在である一方、急速に成長しているのが自宅で行われるエクササイズだ。 ミレニアル以前の世代や管理職以上の世代にとって、通うタイプのフィットネスは家庭や仕事に追われる毎日で継続が難しい。最近になって、働き方改革やフレックス制度が定着しつつある中で、時間をやりくりする人たちも増えてきたものの、時間が合わない、始め方がわからない、ジムやクラスでの交友関係が面倒だと感じる人も多く、課題は多い。 折しも日本では10年ほど前から空前のランニングブーム。街を走る人の姿が格段に増えたほか、都心部をランニングする人のためのロッカー施設が出来るなど、人気は衰えない。 なんといってもランニングは、シューズさえあればいつでもどこでも、すぐに始められる手軽なスポーツだからだ。健康志向の高まりとともに、低コストで気軽に、一人で始められるエクササイズとして浸透してきた。 ランニングにはまる人たちが多い一方で、挫折する人も少なくない。家の近所や公園の周りを走るエクササイズは、思いのほか体力が必要で天候にも左右されやすく、継続するのはなかなか厳しい。 そこで今注目されているのが、自宅エクササイズの潮流だ。インターネットの普及と、エクササイズ商品のIoT化によって自宅でもハイクオリティのワークアウトが可能になった。 例えばアメリカ発のスタートアップ、Pelotonやスマートミラーは最新テクノロジーを駆使し、アリシアキーズなどといったセレブリティが使用したこともあってブームとなったが、年間コストが10万~20万円ほどかかるため、誰もがすぐに始められるものではなかった。 一方で、じわじわとブームを起こしてきたヨガ。2016年のハーバード・ヘルス・パブリッシングの統計でアメリカのヨガ人口は3700万人、2012年から50%増加している。また、4人に1人が「ヨガをするのは有益」と信じているとし、市場規模は2020年までに116億ドル(約1兆2千億円)規模に拡大すると見られている。 そんな中で今、多くの人が実践しているのがYoutube動画などを活用したエクササイズだ。特に海外のミレニアル世代の女子の間で人気なのがバーチャルヨガ教室、多くのヨガ・インフルエンサーを生み出している。

【関連記事】