Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バルセロナ入り近づくラウタロ、インテルからの“バルサ以上の待遇”を拒否

配信

SPORT.es

ラウタロ・マルティネスがFCバルセロナに近づいている。少なくとも、インテル・ミラノの周囲、選手、バルセロナからの情報を考慮に入れれば、そう思えるだろう。 アルトゥールが伊紙によるユヴェントス入り間近の報道を否定 このアルゼンチン人ストライカーは、レオ・メッシと並んでバルセロナでプレーすることを夢見ており、そのために全力を尽くすつもりだ。 イタリアのメディア『calciomercatoweb』は、ラウタロ・マルティネスがインテルから提示された契約更新に向けたメガオファーを拒否したと24日に伝えた。ネラッズーロのクラブは、バルセロナが用意する年俸よりも高い額をラウタロに提示したが、拒否されたようだ。 アルゼンチンのゴールスコアラーは、2023年6月にイタリアのクラブとの契約を終了し、1億1,100万ユーロ(約130億円)の違約金条項があるが、今夏にバルセロナとの契約を希望している。 また同メディアは、経営陣や監督アントニオ・コンテがアルゼンチン代表FWの離脱に備えて、LOSCリール・メロトポール所属のナイジェリア人FWヴィクター・オシムヘンの獲得に5,000万ユーロ(約59億円)を準備しているとも伝えている。

SPORT

【関連記事】