Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ライアン、トルネード、すり足… 西武ノリン“幻惑投法”にファン困惑「1人何役?」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

型にはまらない投球フォームで10奪三振の好投を見せた西武ノリン

■日本ハム 6-2 西武(5日・札幌ドーム)  西武の新助っ人左腕ショーン・ノリン投手が5日、敵地での日本ハム戦に先発し6回6安打10奪三振2失点の好投を見せた。救援陣が逆転され2勝目はお預けとなったが、この日も“幻惑投法”で打者を圧倒。見ごたえのある投球フォームにファンも「まさにカメレオンピッチャー」と歓喜の声を上げている。 【動画】「一体何個フォーム持ってるの?」とファン困惑 西武ノリンが見せた“幻惑投法”の実際の映像  この日も“型にはまらない”変幻自在の投球を見せつけた。すり足クイック、猫背気味に右足を高く上げるノーラン投法、トルネード……。左腕ノリンが見せる幻惑投法にハム打線も困惑。大きく変化するカーブで緩急を使ったと思いきや、ズバッと決める147キロの直球で力勝負する場面もあった。  西武に現れた期待の新助っ人を「パーソル パ・リーグTV」も「【幻惑投法】ノリン“ライアン”のち“野茂英雄”?変幻自在奪三振ショー」とのタイトルで動画を公開。これにはファンも「まさにカメレオンピッチャー」「変幻自在のサウスポー」「一体何個フォーム持ってるの?」「1人何役やるの?」「ノリンのマジックショー」と大絶賛だった。  ノリンは来日初登板だった8月29日の楽天戦で6回3失点で初勝利を挙げ、今季は2試合に登板し1勝0敗、防御率3.75の成績を残している。

Full-Count編集部

【関連記事】