Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

地球外文明は、宇宙にいくつある? その探索を難航させている「ある変数」の存在

配信

WIRED.jp

地球外知的生命体探査における問いは、突き詰めてしまえばひとつしかない。「みんな、いったいどこにいるんだ?」 地球外生命体に発信されたメッセージ、それは「音楽」だった この問いは、ノーベル賞を受賞した物理学者エンリコ・フェルミが70年ほど前にランチの席で同僚たちに投げかけて以来、ずっとエイリアン・ハンターたちを苦しめている。 銀河系には太陽類似星が何十億とあり、そのほとんどの周囲を惑星が回っている。だが、何十年にわたる探査にもかかわらず、天文学者たちはいまだに生命のありそうな星を見つけていない。 これが、「フェルミのパラドックス」である。銀河系には地球外の文明が数多く存在していていいはずなのに、実際にはまったく見つけることができない。

「地球外文明は36以上」という新たな推定

地球外知的生命体探査(SETI:Search for Extraterrestrial Intelligence)の研究者たちは長年、フェルミのパラドックスへの回答をいくつも考えてきた。そのなかで最も説得力があり、最も当たり前な答えは、「おそらく地球外知的生命体は、わたしたちが考えたよりずっとずっと少ないのだろう」というものである。 だとすれば、どのくらい少ないのか? 多くの科学者たちが、この悪名高い難題に答えようと試みてきた。その結論をまとめると、天の川銀河に存在する地球外文明の数はゼロから1億の間ということになる。推定の範囲としては、あまり役に立ちそうなものではない。 だが、英国のふたりの物理学者が新たな試みによって、驚くほどはっきりした結論に到達した。『アストロフィジカル・ジャーナル』誌に6月15日付で掲載された論文によると、銀河系にはコミュニケーションをとれる地球外文明が少なくとも36は存在するはずだという。 大きい数字ではないし、なんだか少しがっかりするような結果も含まれていそうだ。この論文によると、われわれが地球外文明を見つけるまでには数百年かかり、最も近くにいる隣人は約17,000光年の距離にいそうだという。 「これまでは宇宙には生命体がいるはずだとかなり強気に考えられていましたが、最近はだんだん悲観的な見方もされるようになりました」と、ノッティンガム大学の天体物理学者で、この論文の共同執筆者のひとりであるクリストファー・コンセリスは言う。 「それも自然なことでしょう。でもいま、わたしたちの手元には、ほかの惑星上ではどのように生命が形成されうるかを合理的に推定するために必要な情報がだいたい揃っているのです」

【関連記事】