Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【専門医が答えます】熱中症かも?と思ったらすぐ実践!「新しい生活様式」での対策法|Mart

配信

magacol

暑くなってくると、特に気をつけなくてはいけないのが熱中症。真夏だけでなく、気温の上昇に体が慣れていない梅雨の晴れ間や梅雨明けにもかかりやすい症状です。それに加えて、今年は新型コロナウイルス対策を取り入れた「新しい生活様式※」のもと、これまでとは異なる生活環境下で夏を迎えることになるため、対策にも特に注意が必要です。この時季に知っておきたい熱中症について、日本体育協会公認スポーツドクターの佐藤のり子先生にうかがいました。 夏の熱中症対策に!3COINS(スリーコインズ)の新作グッズ3選 「新しい生活様式」 感染防止の3つの基本である身体的距離の確保、マスクの着用、手洗い、「3密(密集、密接、密閉)」を避けるなどの対策を取り入れた生活様式。

教えてくれたのは 亀戸佐藤のり子クリニック 佐藤のり子先生 兵庫医科大学卒業。医学博士。1996~2002年中日ドラゴンズチームドクターに従事。2004年7月亀戸佐藤のり子クリニック開業。地域医療に力を入れ、整形外科、ペインクリニック科、リウマチ科、内科、皮フ科、スポーツ外来など幅広く診療にあたる。

なぜ起こる?熱中症の種類と原因

熱中症には2つのタイプがあります。2種類ともに、熱中症は気温、湿度、輻射熱(ふくしゃねつ)と風が関係して起こります。子どもやお年寄りはもちろん、成人でも注意が必要です。 1.古典的熱中症 抵抗力が弱く、体温のコントロールがうまくできない子どもやお年寄りがなります。 2.労作性熱中症 労働やスポーツなどによって体内の熱が上がって起こります。 こんなときは注意して! 体温が40℃以上にならなくても、平熱より1℃以上高くなったらひと休みしましょう。 気温が高い日や陽射しが強い日に警戒するのはもちろん、気温や晴天時ばかりでなく、湿度や風の有無によっても危険性が高まるので注意を。

「新しい生活様式」における熱中症の予防法

1.周囲に配慮しながら適宜マスクをはずす 高温多湿な環境でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなります。屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)を確保できる場合は熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。また、マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、喉が渇いていなくてもこまめな水分補給を心がけるようにしましょう。周囲の人との距離を十分にとれる場所で、マスクをはずして休憩することも必要です。 2.換気をしながらエアコンを 新型コロナウイルス感染症を予防するためにはクーラーを使用中でも換気扇や窓開放によって換気をする必要があります。室温が高くなりやすいので、温湿度計などを上手に活用しながらエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。 3.日頃の体調管理に気をつける 日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防するうえでも有効です。

【関連記事】