Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020の主役は誰だ。高校サッカーの注目選手特集2 MF川上航立(帝京長岡)&MF平岡大陽(履正社)

配信

高校サッカードットコム

MF川上航立(帝京長岡/3年) 昨年度の選手権ではテクニカルなスタイルを前面に押し出し、帝京長岡史上最高成績となる4強入りを達成。FW晴山岬(J2町田)やMF谷内田哲平(J2京都)ら最強世代と呼ばれた上級生のプレーが注目を集めたが、数少ない下級生としてピッチに立ったMF川上航立の存在も忘れてはならない。 【フォトギャラリー】MF川上航立(帝京長岡)&MF平岡大陽(履正社) 自身のプレースタイルについて、こう話す。「陰でチームを支えたい。攻撃の時は守備を考え、守備の時は攻撃を考えている」。幼少期からプレーを見てきたJ1神戸のMF山口蛍のように、黒子としての仕事を全うできるのが強みだ。前のめりになりがちなチームのバランスをとるのが彼のタスクで、気の利いたポジショニングでカウンターの防波堤として機能する。もちろん、足元の技術も一定以上で、的確にパスを左右前後に散らし、攻撃にリズムを作れる。技巧派揃いだった先輩たちとは違い、決して派手なタイプの選手ではないが、攻守両面での貢献度はチームに欠かせない。  元々は、関西の出身だが、「パスサッカーが好きなので、練習会に行って一番、帝京長岡が良かった」と生まれ故郷を離れる決断をした。「自分より凄い選手がたくさんいるので、いつもお手本にしている」と話す通り、先輩たちから刺激を受け、ピッチ内外での存在感は増している。選手権では自らの存在をアピールできたが、新潟の地を選んだのは、日本一になるのも理由の一つだ。決して現状に満足していない。主将を務める今年は、4強より上の景色を眺めるつもりだ。 MF平岡大陽(履正社/3年) 目立った代表歴がなければ、高校に入ってから全国大会への出場経験もない。全国的な知名度は決して高くないが、名前を覚えておいて損はないボランチだ。中学時代は、セレッソ大阪西U-15に所属したが、U-18への昇格は果たせず、「家から通える距離で、ボールを動かすサッカーをテーマに掲げていたのが魅力だった」と履正社への進学を決意した。 強豪校でもJのアカデミーで磨いた技術は目立ち、1年目からAチームで出場機会を獲得。日々のトレーニングによって身体つきが逞しくなり、体重が10キロ以上も増加した。肉体強化によって、プレーの幅も広がり、「ボールを奪われないようになったり、今まで出来なかったことができるようになり、自信がついた。積極的に自信を持ってプレー出来るようになった」と口にする。 「自分が中心にならないとチームが勝てない。自分がやらなくちゃいけないという想いが強くなった」昨年は、試合での存在感が高まった。試合終盤までコーチングと運動量を絶やさず、攻守に関与し続ける彼の動きはスカウトの目に留まり、J1湘南の練習に参加。ハードワークを前面に押し出したプレースタイルは一定以上の評価を得たという。プリンスリーグ関西に復帰した今季は、自身の名前をより多くの人に知ってもらうチャンスだ。チームとして、個人として今まで以上に結果に拘り、アピールを続けていく。

【関連記事】