Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

5年ぶりに優勝した渡邉彩香が使用した「5年前のドライバー」の性能は? ゴルフトレンドウォッチャーが打ってみた!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

女子ツアー「アース・モンダミンカップ」で劇的な復活優勝を果たした渡邉彩香。そんな彼女が使用していたドライバーは2015年モデルのブリヂストン「J015」だった。5年も前のモデルだが、果たしてその性能は? ゴルフトレンドウォッチャーが打ってみた!

J015はブリヂストンのカスタム専用ドライバー

「アース・モンダミンカップ」で、5年ぶりの復活優勝をとげた渡邉彩香。インターネット中継では、彼女の使用するオレンジ色のドライバーが目立っていた。このモデルは、2015年9月に発売されたブリヂストンの「J015」というモデル。奇しくも5年前、最後に優勝した際に使用していたのが、この「J015」だった(※5年前は黒色ヘッド)。渡邉は昨年のQT直前にこのモデルにチェンジし、QTを19位で通過。そして今回の優勝へと結びつけた。 「J015」は、工房施設のあるブリヂストン認定のショップ限定のカスタム専用モデルで、フィッティングを受け、ヘッドに自分好みのシャフトを装着して購入するという意欲作だったが、専門性の高い販売手法のためか、一般ゴルファーの認知は低かった。5年ぶりの復活優勝に貢献したということで、ここへきて改めて注目されている。 こうなると打ってみたくなるのが、人情だろう。筆者も早速ネットで物色し、程度の良い中古品を探してみた。5年前のモデルとはいえ、ヘッド単品で6万5千円、完成品は10万円以上する場合がほとんどという高額クラブなので、中古品も思ったほど安くなっていない。現在の相場は、1万5千円~3万円といったところだ。その中で、ロフト角9.5度で、癖のない挙動の「ディアマナB 60S」が装着されたモデルを購入した。

「J015」の特徴は、ディープフェース&ディープバック。450ccだが、最近のクラブにはないヘッドの厚みがあるので、少し小ぶりに見える。ブリヂストンらしい丸顔で、かつての「ツアーステージ」のファンが好みそうな形状だ。 プロパーのモデルの中では、2009年12月に発売された「ツアーステージ Xドライブ703」に似ている。やはり、本格派の丸型形状とディープバックで人気を博したモデルだ。公表はされていないが、両モデルとも、ブリヂストンとタッグを組んで、かつて一斉を風靡した製造会社によるものだと言われている。 購入した「J015」を練習場で打ってみた。構えてみるとフェースはきもちオープン。同社の現行モデルに比べると、ライ角はかなりフラットだ。重心距離はそれほど長くないはずだが、ボールがつかまりやすいモデルではなく、自分でつかまえて弾道を作っていけるようなヘッドだ。 程よくつかまるものの、基本的には左をあまり気にすることなく、叩いていける。やや低めの打音で、フェースにくっつく時間が長く感じるが、これによってボールをコントロールする感覚が出やすいだろう。ディープバックらしく、球を押すような厚い当たりになると、強いライナー弾道で飛んでいく。低スピン性能はかなり高く、表示ロフトに近い、立ち気味のロフト角になっていると思われる。 実際に打ってみると、渡邉がわざわざ5年前のこのモデルに変えた理由も推測できる。昨年まで愛用していた「JGR」(※プロトタイプ)は、ボールのつかまりが良いヘッドだ。ライ角はアップライトで、ヘッド挙動はドローバイアスが強い。スライスで飛距離をロスしているようなゴルファーと親和性が高く、ハマるとドローボールで大いに飛距離を伸ばすことが出来る。 昨年、スイッチした女子プロたちが「JGR」で飛距離を伸ばしたのは記憶に新しい。彼女たちはスライスを打っているわけではないが、よりつかまったスピンレスの強い弾道になったことが、飛距離アップのひとつの要因だろう。平均的な女子プロと同じくらいのヘッドスピードであれば、恩恵を受けるアマチュアも多いはずだ。

【関連記事】