Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アンチもいるけど……「木村拓哉」一家、若い世代には意外と人気らしい

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

東京が舞台のドラマを好演

 東京・日本橋や渋谷を舞台にした2019年冬期のドラマ『グランメゾン東京』(TBSテレビ系)。「ドラマの視聴率は10%を超えれば成功」と言われる時代にあって、平均12.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という数字は上出来と言ってよいのでしょう。 【ランキング】2020年上半期ネットニュース 2位キムタク、1位は納得の人物  主演を務めたのは、ご存じ木村拓哉。  2016年末のSMAP解散騒動で一部では批判にさらされたものの、『ロングバケーション』(1996年、フジテレビ系)や『HERO』(2001年、同)の系譜とも言える「東京で暮らし、働く格好いい男」を演じきりました。  そんな木村拓哉の娘たちが、ここ何年かで注目を集めています。  2018年に若干15歳にしてファッション雑誌「ELLE japon」の表紙を飾ったモデルのKoki,。木村拓哉と工藤静香の娘ではあるものの、そのビジュアルは木村拓哉そっくりで、世間では驚きの声が広がりました。  Koki,は2018年内にさまざまな国内外の雑誌で表紙デビューを飾ります。さらにはハイブランド・ブルガリのアンバサダーに日本初かつ歴代最年少の15歳で就任。  こうした活動に「本人はまだ何も成し遂げてないのに、親がキムタクだから」と否定的な意見は少なくありません。

美人ふたり姉妹

 そのKoki,の姉である木村家の長女、Cocomiも2020年3月にはファッション雑誌「VOGUE JAPAN」で表紙デビュー。  木村拓哉似の凛々しい顔立ちのKoki,とは打って変わって、工藤静香似のだタレ目やアンニュイな雰囲気を持ち合わせながらも整った顔立ちで、Koki,と同様に長い手足と小さな顔の持ち主でした。  Cocomiについても「もうこの一家は別に見たくない」といった批判があるのは同様です。一方で、若年層を中心にCocomiとKoki,、さらには木村一家を好きな層は少なからずいるようです。  長女であるCocomiについてはまだ彼女が幼少期、表舞台に現れないのをいいことにさまざまな憶測やウワサが流れました。しかし、木村拓哉や工藤静香側はそれらを否定したりといったアクションを起こしませんでした。  普通の人であれば傷ついてしまうようなウワサやデマも、木村家は気にも留めなかったのでしょう。  そして今のCocomiとKoki,に感じるのは、そうした親のもとで育ってきた強さです。「親に愛されてきた」という自信と「私は私のままでいい」という自己肯定感。そうした一家がアンチ勢には共感を覚えにくい一方、ファンには「あこがれ」と映るのかもしれません。

【関連記事】