Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「“中国責任論”の衝突」に…コロナ以降、初の“WHO総会”

配信

WoW!Korea

新型コロナウイルス感染症事態以降、初めて世界保健機構(WHO)総会が今日(18日)開幕する。米国などの西欧世界と中国が新型コロナ責任論において熾烈な攻防が繰り広げられるものと予想されている。 【もっと大きな写真を見る】 WHO194加盟国とオブザーバー国家が参加する世界保健総会(WHA)は最高意思決定機構としてWHOの政策と予算などを審議、承認する。 今回のWHAでは新型コロナ発病初期の中国の隠蔽と発生地などにおいて米国の猛攻が繰り広げられるものとみられている。米国大手のブルームバーグ通信は「今回の総会で中国は最も敏感な2つの問題に対して挑戦を受ける予定だ」という見方を伝えている。 ヨーロッパもまた中国に対して米国と同じ立場をとると思われる。EU外交・安保政策の代表は「新型コロナの起源を独立的で科学的に調査しなければならない」と主張していた。 中国は総力的に防御戦に出るものとみられる。新型コロナの発病初期のウイルスの伝播状況を隠蔽したことはなく、WHOが既に明らかにしたようにウイルスの自然発源説をもとに西欧国家たちの攻撃をかわす可能性が高い。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

【関連記事】