Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【新型コロナ】無言だけど…「みんなでご飯おいしい」 横浜市立小学校で給食再開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
カナロコ by 神奈川新聞

 新型コロナウイルスの影響で中止していた横浜市立小学校の給食が1日、全341校で一斉に再開した。待ち望んでいた楽しい時間に、児童たちは「みんなで食べるご飯はおいしい」と笑顔。ただ、感染防止策の徹底で食事中の会話などは制限され、「寂しい」との声も上がった。 【動画】給食が再開した市立小学校の様子  市立大岡小(同市南区)の5年3組では、児童32人が元気よく「いただきます」のあいさつ。一斉にマスクを外し、ペンネミートソースやコーンサラダなどを頰張った。  在校生にとっては4カ月ぶりの給食再開だが、まだ「日常」には程遠い。普段は班ごとに机を向かい合わせて楽しむが、全員が正面を向く形式に変更。市教育委員会のガイドラインに沿った学校独自のマニュアルで「会話をしないで食べる」と定めており、教室内には食器が触れ合う音と食事をかむ音だけが響いた。  担任の日下里子教諭(30)は「いつもみんなで盛り上がる食後の歓談もなくなり、寂しい」。澤田和希君(10)は「コロナのせいでできなかったことが少しずつできてうれしい。おしゃべりできず寂しいけど、マスクをしていないから仕方ない」と話した。  市内小学校の短縮授業は6月末で終了し、通常授業に戻った。

神奈川新聞社

【関連記事】