Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

華麗なるセカンドキャリア三者三様。「殺される前に5、6人は殺した」男も?/プロ野球20世紀・不屈の物語【1956~58年】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。

馬場は5年、尾崎は3年

 プロ野球選手が現役でいられる時間は短い。ほとんどの選手がセカンドキャリアの時間のほうが長くなる運命を背負っている。スポーツキャスターに転身したことでプロ野球に関わり続けた佐々木信也については紹介しているが、プロ野球から離れて、別のスポーツで成功を収めた選手の筆頭格は、巨人の馬場正平と西鉄(現在の西武)の尾崎正司になるだろう。  ともに投手で、馬場は巨人で5年間プレーしたが勝ち星なく、大洋(現在のDeNA)へ移籍したがケガで引退、プロレスの世界に身を投じて、ジャイアント馬場として伝説的な存在になった。センバツ優勝投手でもある尾崎は西鉄で3年間プレーしたが、やはり勝ち星なし。同期の池永正明が投げる球を見て「野球では勝てない。違う世界で勝負しよう」とプロゴルファーに転じて、ジャンボ尾崎として息の長い活躍を続けている。ただ、野球でもスポーツでもない道で第2の人生に挑む選手のほうが圧倒的に多い。  最近は芸達者な元プロ野球選手も少なくなく、タレントとして現役時代より活躍しているケースも散見されるが、同じ芸能の道でも、俳優として成功したのは希少。そんな元プロ野球選手で、ほぼ唯一の存在と言えるのが、東映(現在の日本ハム)の八名信夫だろう。選手としても俳優としても名前は同じ。20世紀の終盤からブラウン管を彩った青汁のCMもインパクト抜群で、ぼちぼち中年の声が聞こえはじめる若い人には青汁のイメージが強いかもしれないが、「何度も殺されたよ。でも殺した数のほうが多い。殺される前に5、6人は殺してるからね」と語る悪役俳優のレジェンド。昭和の昔はアクションドラマで活躍し、特に破格の規模を誇った『西部警察』では10話に1度くらい登場して(すべて違う役)、すでにロマンスグレーになっていたが、マシンガンや火炎放射器を片手に、やや猫背ながら抜群の運動神経を発揮していた印象がある(あくまでも印象)。  八名は東映で3年間プレーしたが、「昔は、どの球団も、やめた後は親会社に就職させることがあった。俺らは東映だから映画会社だけど、もちろん俳優なんて考えてないよ。社長命令だから東映の本社へ行けと言われて、会社の仕事を何かするかと思ったら、撮影所の俳優だって。それが始まりさ」(八名)のだという。ただ、映画との縁も少年時代から始まっていたといい、それは野球も同様だった。

【関連記事】