Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

美女プロ・江澤亜弥の100切りドライバーレッスン! 「曲がらないティショット」を打つための基本をおさらいしよう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

多くのアマチュアゴルファーにとっての第一関門である「100切り」。アベレージスコア105のお笑い芸人ずん・やすが安定して100切りを達成するために、美女プロ・江澤亜弥のレッスンを受講。100切り達成のためには避けては通れない、安定したティショットを打つための基本を教えてもらった。

ティアップ位置の見つけ方

やす:まず、基本中の基本なんですが、ティアップする場所を決めるときに注意することってありますか? 江澤:そうですね、ティイングエリアって平らだと思っている人が多いと思うんですけれど、結構傾斜があるんですよ。なるべく平らなところを探して、そこにティアップをするようにしてください。 やす:でもどこが平らか分からないんですよ。どうやって平らなところを見つければいいんですか。 江澤:後方に下がって周りの景色と対比して見た目で傾斜を判断したり、立っているときの足裏の感覚で傾斜を感じたりですね。 やす:なるほど。

江澤:あと、ディボット跡付近にティアップするアマチュアの方もいますが、これも絶対ダメです。 やす:あ、僕そうです。刺しやすいのでディボット跡付近とかにティアップしちゃってました。 江澤:構えたときにディボット跡が視界に入ってきてノイズになってしまいますし、万が一ダフったりしてしまうと変な当たりになってしまいますよ。絶対に避けましょう。

スウィングのチェックポイントは1個に絞る

江澤:ティアップをしたら、次は素振りですが、私の場合はボールの後方で素振りをします。この素振りは、そのときにスウィングで課題にしていることとかを意識しながら、ゆっくりと大きなアークで振っていきます。 やす:気にするポイントは何個くらいあっていいものなんですか。 江澤:1個くらいですね。練習場では3つとか課題を多く持ってやってもイイと思うんですけど、でもコースに出たら、何個も課題を頭に入れたら混乱してしまうので、課題は1つ、多くても2つというのがイイかなと思います。 やす:そうか。私なんか3つも4つも気になることがあるんですけど、打つ前に考えちゃうから、それで分からなくなっちゃうんですよね。 江澤:あと、素振りは何回もしないで、ショット前のル―ティンに入ったら2回くらい素振りしたらアドレスに入りましょう。 やす:あ、そうですか。ついつい何回も素振りしたくなっちゃうんですよね。 江澤:何回やっても一緒だと思いますよ。 やす:ガ~ン! 「お前みたいなモンは何回やっても一緒」だと。 江澤:いやいや、そうじゃないんです(笑)! たとえば「ここはフェードを打つぞ」と言う感じで何回も素振りをして体に動きを覚え込ませるような場合はいいんですけれど、単に真っすぐ打とうというのなら100回やっても一緒、それはプロゴルファーだってそうなんですよ。

【関連記事】