Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

仙台市、新型コロナ危機で総額2000万円の文化支援を実施。個人には上限30万円

配信

美術手帖

 仙台市は、公益財団法人仙台市市民文化事業団を通じて、独自の文化支援事業「多様なメディアを活用した文化芸術創造支援事業」を実施する。  これは、新型コロナウイルスによって影響を受ける文化芸術関係者の活動継続を支援するためのもので、助成対象事業は2種類。「創造・発信事業」(オンラインイベントなど、多様なメディアを活用した文化芸術の創造と発信を行う事業)と「創造・発信のための基盤づくり事業」(多様な主体が、将来にわたり「創造・発信事業」活動を継続的に行うことができる基盤をつくる事業)のふたつ。  対象者は、仙台市内に住所があり、直近1年間で継続して文化芸術活動を行っている個人や、仙台市を拠点とし直近1年間で継続して文化芸術活動を行っている団体、あるいは仙台市内のスタジオ、ライブハウス、ギャラリーなどの民間施設。  助成予定件数は50~70件程度で、助成金額は「創造・発信事業」が個人:上限30万円、団体・民間文化施設:上限50万円。「創造・発信のための基盤づくり事業」が上限100万円となっている。  応募期間は5月29日まで。要項はこちらから確認できる。

【関連記事】