Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2着ウインマリリンを買えず撃沈「外枠では厳しいと…」【オークス】

配信

優馬

強かったデアリングタクトとは対照的に 相手に選んだ馬たちが - 中田TM

デスク「TM5人の馬券公開がスタートした高松宮記念から、1週前のヴィクトリアマイルまでは、常に馬券的中者が出て、その“的中の因”を聞いてきたが、オークスではとうとう的中者が出なかった。公開したTMの多くがデアリングタクト以外の馬から穴を狙っていたこともあるが、今回は箸にも棒にも引っ掛からなかった面々ではなく、唯一、デアリングタクトを◎としながらも馬券を外してしまった中田に、不本意だろうが敗戦の弁を述べてもらうこととする。まずは、そのデアリングタクトについてだが…」 【買い目画像】オークスで公開した厳選プロ5人の勝負馬券 中田「デアリングタクトは、パドックで一番後ろを周回させ、馬場へも後出しとなりましたが、発汗の量も多かったように、父エピファネイアの血が色濃く出た馬だと思いました。レースに行っても最初のコーナーの入りが悪く、思い通りのポジションを取れませんでしたが、終わって見れば力が違い過ぎていましたね」 デスク「その◎が、力の違いを見せたのとは対照的に、相手として選んだ馬が走らなかったわけだな」 中田「相手本線の1枠2頭、まずデゼルですが、危惧されていた中2週のローテーションが、やはりマイナス8キロの馬体重に現れていましたね。この馬の脚質には最内枠も厳しかったと言えます。クラヴァシュドールは、状態は良く見えましたし、好位で競馬ができたのはプラン通りだったと思います。ただ、3コーナー過ぎから少し持って行かれ気味になってしまい、あそこで我慢できていれば、ここまで大きくは負けなかったでしょう。ミヤマザクラは、中団からでしたがペースが落ち着いてしまったのが痛かったですね。結果的にはもう少し流れに乗れていれば…といったところでしょう」 デスク「フローラS組では2着のホウオウピースフルも相手として選びながら、その勝ち馬ウインマリリンは無印。押さえられなかったか?」 中田「一言で言うなら“枠順”ですね。ウインマリリンのフローラSは、内枠を利して絶妙な立ち回りを見せたものだけに、今回の外枠では厳しいと判断してしまったんです。スッと2番手に付けて、内をピッタリと回ったウインマリリンと、和田騎手らしい強気の仕掛けで一旦は抜け出したウインマイティーの激走自体に納得できるとはいえ、逃げたスマイルカナがあそこまでペースを落としたのは想定外でしたからね」 デスク「それでいて馬連も馬単も千円台、伏兵馬が2頭絡んだにもかかわらず、3連複が1万5千円台という配当は、ファンの馬券がそれだけ上手だったということだな。我々も十分に反省しなければならないし、今回は損な役割を担ってもらった中田には、次の機会にスカッと“的中の因”を述べてもらおう」

中田博士 北陸生まれ 1998年入社。美浦調教班。グリーンチャンネルでパドック解説を担当。

【関連記事】

最終更新:
優馬