Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トランプ氏、防衛費の負担増迫る 8500億円、ボルトン氏自著

配信

共同通信

 【ワシントン共同】ボルトン前米大統領補佐官は23日出版の回顧録で、昨年7月に訪日した際、トランプ大統領が防衛費の分担金として年間約80億ドル(約8500億円)の負担を求めていると日本政府高官に伝えたと証言した。日本政府は否定してきたが、当時の米政府当事者が初めて公に認めた。トランプ氏が安倍首相に対し、米国による日本の防衛義務は「公平ではない」と直接伝えていたことも明らかにした。  ボルトン氏は全ての在日米軍を撤収させると脅して分担金交渉を優位に進めるようトランプ氏から指示を受けたことも公表した。  80億ドルは在日米軍への思いやり予算の4倍以上に相当する。

【関連記事】