Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年後期朝ドラ発表 史上初の3人ヒロイン 今夏オーディション敢行

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 NHKは28日、2021年度後期連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(第105作)を制作する、と発表した。ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母・母・娘、3世代ヒロインが織りなす、小さな奇跡に満ちた100年のファミリーストーリー。“朝ドラ”史上初となる3人のヒロインが、リレーのようにバトンをつないでいく。脚本は連続テレビ小説『ちりとてちん』(2007年)を手掛けた藤本有紀氏がオリジナル作品を書き下ろす。 【写真】2020度後期の朝ドラ103作目『おちょやん』のヒロインを務める杉咲花  また、ヒロインオーディションを今夏に実施することも明らかにした。本作では祖母・安子(やすこ)の若い頃を演じるヒロイン、母・るいの若い頃を演じるヒロイン、娘・ひなた役のヒロインと、3人のヒロインが登場。この3人のうち、1人以上をオーディションで決める予定だ。今冬頃、出演者を発表し、21年春頃クランクイン予定。  制作統括の堀之内礼二郎氏は、「今、新型コロナウイルスの影響で、世の中が重い空気に包まれているように感じています。このドラマの企画を開発している間も、自分たちがやっていることは不要不急ではないのか、という問いと向き合いながら、それでも心を奮い立たせながら準備を進めてきました。大規模な出演者オーディションを行うことも、一時期はあきらめていました」と状況を説明。  そして、オーディション実施を決めたことについて、「途中で、今こそやるべきなのではないか、と考えを改めました。活躍の機会が失われ、多くの若者の未来が閉ざされてしまっている状況の中、夢をみること、そしてチャレンジすることをあきらめないでほしいと願いました」と、真意を語っている。  「私の知らない母、私の知らない祖母。そして、母の知らない祖母、私の知らない未来…ラジオがつないだ小さな奇跡」を描く本作。戦争で夫と死に別れ、娘を置いてアメリカに渡るしかなかった祖母・安子(やすこ)。親と英語を憎みつつも、ジャズソングに救われて自分の人生を切り開いた母・るい。時代劇の世界に憧れながら、回り道を経てラジオ英語講座に自分の居場所をみつけていった娘・ひなた。3人はラジオで英語を聴き続けることで、それぞれの夢への扉を開いていく。「小さな一歩一歩を積み重ねることが、思ってもいない人生を切り開き、明るく照らしていく」――そんなメッセージを込めた波瀾万丈なハートフルコメディー。  本作について、藤本氏は「いつか2度目の連続テレビ小説を書かせていただく機会に恵まれたなら、きっと書こうとあたためていた題材があります。それが『NHKのラジオ英語講座』です。1925(大正14)年に日本でラジオ放送が開始されたその年に、英語講座は始まりました。その歴史をひも解いていくことは、そこに百年の物語を見つけ出し、紡ぎ上げることと同義です。とても自然な成り行きで三世代のヒロインが誕生しました。小さな積み重ねがやがてダイナミックな展開をもたらすのは、英語学習も連続テレビ小説も同じです。毎日15分だけ、おつき合いいただけましたら幸いです」と、言葉を寄せた。

【関連記事】