Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

英語を学んでおくと、中学生で「一気に成績が伸びる」深い理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

日本全体が国際社会に対応しようと日々変化しています。政府主導で英語教育の方針も毎年のように刷新されていますが、その一方で、「英語が話せる日本人」はまだまだ少数です。そこで本記事では、英語保育園(プリスクール)を経営する中山貴美子氏が、英語と日本語を同時に学ぶ重要性について解説します。

英語教育において「子どもだから」という気遣いは不要

幼児向けの英語教育で最も大切なことは、子どもをある一定の時間、英語の生活環境に置くことです。私の英語保育園では、園内でのコミュニケーションはすべて英語、日本人の保育士も英語が話せますから、授業や園内での会話は、すべて英語で展開します。これこそが私のイメージした「日常生活が英語漬け」のスタイルです。 そんななか、私が外国人講師に繰り返し言うのは「子どもだからと容赦しなくていい!」ということです。私たちが日本語でなにかを教えるとき「この言葉はまだ子どもには分からないから、分かりやすい言葉に置き換えよう」と考えたりしますが、外国人講師はそうした気遣いはせず、普段どおりに話してほしいと伝えています。 会話の早さも同様です。特に早口でない限り、いつもどおりのスピードで話をしてもらっています。それが英語圏のノーマルだからです。 子どもであれ、大人であれ、語学を学ぶときに教える側が手加減をしては意味がありません。特に耳が成長段階である子どもは聞いたままを覚えていくので、ネイティブの大人が使う言葉にも、スピードにも対応できます。

自転車と同じ!一度身に付いた「英語力」は一生もの

こうして1日5~6時間、週5日間、英語漬けの生活を送る子どもたちは徐々に英語慣れした耳が出来上がっていきます。半月も経たないうちに英語が口からついて出るようになり、1ヵ月を過ぎると、自宅でも「ママ、パークに行こう!」というように、英語と日本語の同時使いで話すようになります。 まだ幼い日本人の子どもが英語を話す様子を見ると、「この子は天才だ!」と思う家族もいるようです。そうした両親の感想を聞くたびに微笑ましく感じながらも「落ち着いてください。お子さんは天才かもしれない。でも、周りのお子さんもみんなそうなんですよ。毎日長時間、英語漬けの日々を送っていれば、必ず英語を聞き、話すことができるようになります」と伝えています。日常的に英語を聞くだけで自然と身に付く――語学習得とは非常にシンプルなものです。 また、よくされる質問の一つに「幼児期にせっかく英語を覚えても、小学生以降に英語から離れた生活をすれば、英語を忘れてしまうのではないか?」というものがあります。それについて、私の答えは「ノー」です。 英語保育園を卒園後、いわゆる普通の日本の小学生になった子どもたちでも、幼児期に何百、何千という膨大な時間を過ごし身に付けた英語の記憶は、脳にはっきりと残ります。もちろん、英語漬けの毎日から離れると、一時的に会話力は下がってしまいますが、再び英語に触れる機会が訪れると必ず思い出します。 脳科学研究者の柿木隆介教授によると、記憶の引き出しは脳の「海馬」という部分で処理されており、つつけば刺激によって、記憶が目覚め蘇るのだそうです。 こういった理由からも、ある一定期間、英語漬けの生活を送る経験は、バイリンガルを育てるためには非常に有益です。幼稚園や保育園は義務教育ではないため、長時間、英語に親しむ選択ができる時期でもあります。 留学でもしない限り、これほど英語学習に集中できる時間を、その後の人生で得ることは難しいでしょう。ましてや、語学にとって最も大切な「耳」が出来上がる時期です。英語漬けになるタイミングとして、これ以上の時期はありません。

【関連記事】