Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

戸塚純貴&「孤独のグルメ」スタッフによる「純喫茶に恋をして」の続編決定!『さらに見応えのある内容に』

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

戸塚純貴主演、「孤独のグルメ」(2012年ほか、テレビ東京系)スタッフによるオリジナルドラマ「純喫茶に恋をして」の続編が、10月からCS放送のフジテレビTWO ドラマ・アニメ、フジテレビTWOsmartで放送されることが決定した。 【写真を見る】戸塚純貴演じる、売れない漫画家で“妄想家”のアラサー男子・烏山純平 「純喫茶に恋をして」は、かつてどの街にも存在した純喫茶をドラマ仕立てで紹介する作品。前回に引き続き、今回もシリーズおなじみの売れない漫画家で、妄想家のアラサー男子・烏山純平(戸塚)が純喫茶に迷い込むところから物語は始まる。 続編初回となる第9話で純平が訪れるのは、東京・西荻窪のコーヒーロッジ「ダンテ」。レンガ造りの外観に、店内は山小屋風の装飾になっており、独特の雰囲気を感じることができる。さらに、キッチンとカウンターが半地下になっているのが特徴。創業以来約50年の間、多くの人に愛されている。 第10話に登場するのは、東京・蔵前にある1962年創業の老舗喫茶店「らい」。特徴的なストライプの外観にステンドグラスの立て看板、ガラス窓もステンドグラス装飾で、店内は弧を描くようにレンガが敷かれた床などこだわりを感じるデザイン。ロフトのような2階部分もあり、古き良き昭和時代にタイムスリップしたかのような感覚が味わえる。 この第9話、第10話には工藤綾乃、永池南津子が出演。工藤は第9話で売れっ子漫画家・百々目鬼源一郎、永池は第10話で純平の憧れの先輩・石原美幸を演じる。 続編の収録を終え、戸塚は「前回に比べて今回の方が、知る人ぞ知る純喫茶というところで撮影ができました。内容もドラマチックになっていて、濃い人間模様など、前回よりもさらに見応えのある内容になっています」とコメント。 そして、「とても親しみやすい番組でありつつも、純喫茶という現実とは切り離された異次元な空間がこの番組の醍醐味(だいごみ)。番組を通して視聴者の皆さんにも、普段とは違う時間を過ごせるという感覚を感じていただきたいです」とあらためて魅力を語った。 第11話以降の純喫茶は、いずれも東京の「はまゆう」(町屋)、「喫茶マコ」(築地)、「ウッドストック」(吉祥寺)、「珈琲亭ルアン」(大森)などを予定。 さらに、その回ごとに登場するマドンナとの純平が繰り広げる妄想の世界も注目ポイントとなる。 なお、スタート直前の9月21日(月)には前シリーズから厳選されたエピソード3話からなる「純喫茶に恋をして 傑作選」が、フジテレビでオンエアされる。(ザテレビジョン)

【関連記事】