Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉沢亮主演『AWAKE』ポスタービジュアル公開 歌広場淳、犬童一心、山下敦弘らの絶賛コメントも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 吉沢亮主演映画『AWAKE』の公開日が12月25日に決定し、ポスタービジュアルが公開された。 【写真】北村匠海×小松菜奈×吉沢亮『さくら』場面写真公開  本作は、河瀬直美を審査員長に迎え、2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞で、241本の中からグランプリに選ばれた作品。ニューヨーク大学で映画を学び、これまで乃木坂46のミュージックビデオや短編映画で実績を積んできた山田篤宏が脚本・監督を務め、商業映画デビューを果たす。2015年に実際に行われ、当時ネットユーザーや将棋ファンの間で物議を醸した棋士VSコンピュータの対局に着想を得たオリジナルストーリーが描かれる。  奨励会で棋士を目指していた英一は、同世代で圧倒的な強さと才能を誇る陸に敗れ、プロの道を諦め、普通の学生に戻るべく大学に入学。幼少時から将棋以外何もしてこなかった英一は、急に社交的になれるはずもなくぎこちない学生生活を始めるものの、なかなか友人もできない。そんなある日、ふとしたことでコンピュータ将棋に出会う。将棋以外の新たな目標を初めて見つけ、プログラム開発にのめり込む英一。数年後、コンピュータ将棋の大会で優勝した英一は、棋士との対局である電王戦の出場を依頼される。  主演を務めるのは、2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主演が決定している吉沢。内気で周囲との関わりを持つのが苦手な青年・英一を演じる。英一のライバルとなる陸役を若葉竜也、英一の先輩・磯野役を落合モトキが演じるほか、寛一郎、馬場ふみか、川島潤哉、永岡佑、森矢カンナ、中村まことらが出演する。  公開されたポスタービジュアルには、大学のAI研究会で将棋ソフトの開発に勤しむ英一(吉沢亮)の姿が切り取られている。猫背で地味な見た目でありつつも、微かに笑みを浮かべたような絶妙な吉沢の表情に「それは、どん底から目覚めた僕が見つけた、最高の悦び」というコピーが添えられている。  また、各界の著名人から絶賛コメントも到着した。 ■コメント ・伊藤かりん(タレント/将棋親善大使) 私はアイドル時代何を頑張ったらいいのか道に迷っていた時「将棋」に出会い、私のアイドル人生は充実したものになりました。 この映画では暗闇に迷い込んだとしても、一筋の光を信じて頑張ることの大切さが改めて学べました。 ・犬童一心(映画監督) 行ったことのないステージに立ちたくて、全てをそれにつぎ込んでいく。 そのことの価値を分かち合える人がいることの幸福。 男と男が見つめ合うだけでグッとくるシーンが溢れている。 しかもそれが吉沢亮だからずるい。ずるいけど、とっても嬉しいです。 ・歌広場淳(ゴールデンボンバー) 何をやっても鈍臭い僕は「勝ち負けのない世界」に行きたいとよく考えていました。ただ、勝ち負けのない世界に行くためには勝ち続けなくちゃいけないことが辛かった。でも、こんな方法があったんですね。AWAKEと出会えて良かった。 ・小杉康夫(TBS「プロ野球戦力外通告」「バース・デイ」総合演出) プライドをへし折られ、絶望の淵に立たされた男たちを見てきた私は、彼らから勇気をもらった。そして、この映画の主人公は、彼らと同じように、私に勇気をくれた。 ・実家が全焼したサノ(インフルエンサー) 目が覚めたら吉沢亮さんになっていますように、と願ったことがあります。だけど映画を見て、強い誰かになるのではなく、自分の強さを見つけることが大切だと学びました。でも、吉沢亮さんにはなりたいです。 ・志茂田景樹(作家・よい子に読み聞かせ隊隊長) 人間の血汐が勝つか。 AIの冷徹が勝つか。 だが、これは前哨戦に過ぎない。AIが我々の全てを超えたとき、 何が起きるのか。それを問われているのだ。 ・保木邦仁(電気通信大学准教授・コンピューター将棋Bonanza開発者) 理系人間の挫折と成功を描く本作。ラストシーンは万感胸に迫るような展開。まさか、将棋人工知能がここまで魅せるなんて! 情報技術をもう少し身近に感じてもらいたい。本作は様々な人々に覚醒を促す。 ・松本博文(将棋ライター) 棋士とコンピュータが真剣勝負を演じた時代、私たち将棋愛好者がリアルタイムで目の当たりにした「AWAKEの悲劇」。その歴史的背景をふまえながら熱い人間ドラマが描かれた傑作です。 ・茂木健一郎(脳科学者) 将棋と人工知能のどちらの「オタク心」も満足させる、絶妙な脚本にうなった。徹底的にリサーチして見応えのある映画に結実させた山田篤宏監督の深い芸術愛にリスペクト。脳が目覚める傑作です。 ・森直人(映画評論家) この物語の核にあるのは「肯定性」だ。ふたりの天才。宿命のライバル。勝ち負けの向こう側。幾度も語られてきた神話的な青春譚の盤上で、定跡にとらわれない新しい手を指そうとしている。 ・山下敦弘(映画監督) 良い脚本に良い演出、良い撮影に良い役者。 『AWAKE』を観ていて面白い映画を作るには、ただただ真摯に丁寧に作っていけばいいんだ、という当たり前のことに気付かされました。 ほとんど会話を交わさない二人の男の物語で、こんなにもドラマチックな映画になるなんて…。 目が覚めました! 明日から頑張ります。 ・山本さほ(漫画家) 夢を叶えた一人の後ろに、夢に破れたたくさんの人がいる。 心の中にある何かを奮い立たせる映画でした。 夢に破れ、負け癖がついてしまっていた十代の頃の私に、この映画をみせてあげたい。 ※河瀬直美の「瀬」は旧字体が正式表記

リアルサウンド編集部

【関連記事】