Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本政策金融公庫職員が新幹線を無賃乗車 古い定期券を細工、容疑で岡山中央署が逮捕

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
山陽新聞デジタル

 古い新幹線定期券を細工して有効期間をごまかし、無賃乗車をしたとして、岡山中央署は29日、変造有価証券行使と詐欺の疑いで、日本政策金融公庫岡山支店職員の容疑者男(61)=広島市東区=を逮捕した。 【写真】火災警報器で茶道?  同署によると、容疑者男は昨年4月に同支店へ着任し、自宅から新幹線で通勤。有効期限の切れた定期券に同じ絵柄の紙片を張り付けて変造し、駅員に提示して改札口を通過する手口で「不正使用を繰り返した」と供述している。1年以上にわたって犯行を重ねた可能性もあるとみて慎重に調べる。  逮捕容疑は今年7月5日午後4時15分ごろ、無効な定期券を使ってJR岡山駅から広島駅まで新幹線で移動し、運賃5610円の支払いを免れた疑い。  容疑者男は同日、乗車前に岡山駅で定期券を落としており、女性利用客が見つけて駅員に届け出たことで発覚した。

【関連記事】