Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プレミア&リーガの開幕節で最も高い評価を受けた新加入選手は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER KING

 プレミアリーグとリーガ・エスパニョーラの2020-21シーズンが12日に開幕した。久保建英と岡崎慎司の“日本人対決”など、見どころ盛りだくさんだったが、最も気になるのが新加入選手のプレーぶりだろう。  期待の新戦力はどんなパフォーマンスを見せたのか。そして、彼らはチームにフィットしそうなのか。ファンなら気にせずにはいられない。  そこで今回は、イギリスの統計サイト『WhoScored.com』による採点をもとに、開幕節で最も高い評価を受けた新加入選手をランキング化。トップ10に名を連ねた選手たちを紹介する。 ※断りがない限り、本文中のデータはすべて『WhoScored.com』を参照 ※カッコ内は(所属クラブ/国籍/ポジション) [写真]=Getty Images

▼9位 7.34ポイント

ティモ・ヴェルナー (チェルシー/ドイツ/FW) ライプツィヒからやってきたドイツ代表FWは、ブライトンとの開幕戦にフル出場。得点こそ挙げられなかったものの、先制点につながるPKを獲得した。また、同試合最多となるシュート5本を放つなど、積極的なプレーを披露。3-1の勝利に貢献し、上々のプレミアデビューを飾った。 カラム・ウィルソン (ニューカッスル/イングランド/FW) 今夏、ボーンマスから2000万ポンド(約27億円)の移籍金で加入したイングランド代表ストライカーは、ウェストハムを相手に先制点をマーク。いきなり結果を残し、ニューカッスルの2012年以来となる開幕戦白星に貢献した。

▼8位 7.51ポイント

フェルナンド・マルサウ (ウルヴァーハンプトン/ブラジル/DF) 昨季は、リヨンのチャンピオンズリーグ4強進出に貢献。ウルヴァーハンプトンの一員となって迎えた開幕戦では、シェフィールド・Uを相手にフル出場を果たした。左ウイングバックに入って攻守に奮闘。チームも2-0の完封勝利を飾っている。

▼7位 7.53ポイント

アブドゥライエ・ドゥクレ (エヴァートン/フランス/MF) 今季開幕直前の8日に、ワトフォードからエヴァートンに加入。すると、トッテナムとの初戦でスタメンに抜擢され、好パフォーマンスを披露した。対人の強さを発揮して相手の攻撃を寸断するだけでなく、MFとしてチーム最多のパス数を記録。同じ新加入のMFアランともスムーズな連携をみせた。

【関連記事】