Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

近畿や北陸で局地的に強い雨 夕方にかけて道路冠水などに注意

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーニュース

九州の雨は峠を越え、梅雨前線に伴う活発な雨雲は東に移動。近畿や北陸などで雨が強まっています。 午後になり活発な雨雲が近畿や北陸、東海などを通過し、14時30分までの1時間に石川県かほく市で27.0mmを観測しました。金沢市では15.5mm、和歌山県有田川町・清水で19.5mmなど雨の強まっている所があります。 紀伊半島は山沿いで総雨量が増えていて、24時間雨量では和歌山県田辺市・護摩壇山で264.0mm、奈良県十津川村・玉置山で185.5mmに達しました。14時50分現在、熊本県、奈良県、長野県、静岡県の一部に土砂災害警戒情報が発表中です。

東海や北陸は夕方にかけて局地的に激しい雨

近畿の雨は峠を越えつつあるものの、北陸や東海、関東の西部山沿いは夕方にかけて1時間に30mm以上の激しい雨の降るおそれがあります。短時間の強い雨による道路冠水や、これまで雨量が多い地域での土砂災害、河川の増水などに警戒が必要です。 夜になると活発な雨雲は海上に離れ、全国的に雨は小康状態となります。ただ、明日5日(日)は早くも梅雨前線が北上するため、九州南部から再び雨が降り出す見込みです。週明けにかけて油断の出来ない状況が続きます。

ウェザーニュース

【関連記事】