Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『LISTENERS』第11話あらすじ公開! 悲劇を阻止するためにそれぞれが動き出す!

配信

アニメージュプラス

2020年4月より放送中のTVアニメ『LISTENERS』の第11話あらすじ&場面カットが公開となった。 【関連画像】第11話の先行場面カットを全て見る(写真8点) 本作は『カゲロウプロジェクト』のクリエイター・じんと、『交響詩篇エウレカセブン』の脚本家・佐藤大がタッグを組み、『ゾンビランドサガ』のMAPPAがアニメーション制作を担当するオリジナルTVアニメ。 スクラップ拾いの少年・エコヲと、腰にインプットジャックの空いた記憶喪失の少女・ミュウが記憶をたどる旅に出る物語だ。 第11話は、6月12日(金)よりMBS/TBS/BS-TBS “アニメイズム” 枠にて放送開始。 第11話では、諏訪部順一演じる殿下が再登場! ミュウの覚醒によりミミナシが凶暴化する中、世界の終末を阻止すべく立ち上がる。さらに、花澤香菜演じるロズ、山寺宏一演じるケヴィン、水樹奈々演じるビリンらも再登場。10年前の「フェス」によって滅びた「ノームの民」の悲劇を繰り返さないため、それぞれの思いを胸に動き出す! 彼らの運命はどこへ向かうのか…!? クライマックスへと突入していく物語から目が離せない! <TRACK11 「アイ・アム・ザ・レザレクション」> トミーの作戦「セカンドカミング」は失敗した一方、覚醒したミュウに呼応するようにミミナシが凶暴化。その脅威は全世界に広がり始める。焼け野原となったブライトン・ビーチに降り立ち、来るべき終末から世界を救うべく立ち上がる殿下たち。その頃、ノームの国のロズやケヴィン&ビリンたちもまた、それぞれに行動を始めていた。 また、第10話のノンクレジットエンディング映像を公開中! 高橋李依演じるミュウが歌う、第10話のエンディング主題歌は『Slumber』。 作中に何度も登場した、あの鼻歌がついにエンディング曲となった。 <作詞・作曲 じん コメント> 「明日も同じように眠くなる」というテーマの曲。 大それた朝に思えても、どうせ夜には眠くなる。 流されていく日々の中で、口ずさみたくなる歌を書きました。 <高橋李依 コメント> 記憶にある鼻歌がEDに! 風に漂うように口ずさむ感覚が意外と難しく、「他人に聞かせるのではなく自分で楽しむ」 というイメージが1番すんなり落とし込めました。 (C)1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS製作委員会

アニメージュプラス 編集部

【関連記事】