Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉沢亮主演の大河「青天を衝け」草なぎ剛が徳川慶喜役!玉木宏、岡田健史ら20名のキャスト発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 吉沢亮主演の大河ドラマ「青天を衝け」(NHK・2021年放送)の新キャスト20名が10日、NHKより発表され、草なぎ剛が徳川慶喜役を務めることが決定した。草なぎは、「みなさんの記憶に深く残る徳川慶喜にしたいです。慶喜役は、僕の人生にとっても大きな役になると思います。全力をもって挑みたいと思っています」とコメントを寄せている。 【写真】「青天を衝け」新キャスト20名はこの人たち!  大河ドラマ第60作の主人公は、新一万円札の顔としても注目を浴びる渋沢栄一。幕末から明治の時代に、挫折を繰り返しながらも、高い志を持って未来を切り開くさまを描く。今回、吉沢ふんする栄一に関わる人を演じるキャストが発表された。

 栄一の父親・市郎右衛門役に小林薫、母親・ゑい役に和久井映見、姉・なか役に村川絵梨、妹・てい役に藤野涼子が決定。渋沢一族の一家である「新屋敷」の長男で栄一の従兄・喜作役に高良健吾、喜作の妻・よし役を成海璃子、栄一の従兄で下手計村にある尾高家の長男・尾高惇忠(新五郎)を田辺誠一、次男・長七郎役を満島真之介、長女でのちに栄一の妻となる千代役を橋本愛、末っ子の平九郎役を岡田健史が担う。

 さらに、水戸藩主・徳川斉昭を竹中直人、斉昭の側近・藤田東湖を渡辺いっけい、斉昭の側近・武田耕雲斎を津田寛治、徳川慶喜を草なぎ、慶喜の側近・平岡円四郎を堤真一、円四郎の妻・やすを木村佳乃、勘定奉行・川路聖謨を平田満、栄一に影響を与える砲術家・高島秋帆を玉木宏が演じる。

 ほか栄一の叔父で、渋沢一族の中で最も財をなした「東の家」の当主・宗助役を平泉成、宗助の妻・まさ役を朝加真由美が担当する。なお、村川、藤野、岡田、朝加は、本作が大河ドラマ初出演となる。

 物語は、武蔵国榛沢郡血洗島村(現在の埼玉県深谷市)から始まり、栄一と慶喜の物語がパラレルに展開するという。(編集部・梅山富美子)

コメント全文

■吉沢亮 これほど豪華で、実力のある先輩方と共に作り上げる「青天を衝け」。とても楽しみです。 実業家として決して道徳を忘れることなく、常に周りの人々の幸せを思い行動した渋沢栄一のように、視聴者の方々を含め、この作品に関わった全ての人に少しでも幸福が訪れるような、愛のある大河ドラマになればと。自分にとって最大の挑戦。皆様、御手柔らかにお願いします。お楽しみに!!

【関連記事】