Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

収納に困りがちなトイレットペーパー。大容量を買うときのコツ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

買い物に行く回数が減ったり、家で過ごす時間が増えたりという理由で、食品や日用品のストックが増え、収納に悩んでいる家庭も多いのではないでしょうか? ここでは、ライフオーガナイザーの下村志保美さんが、トイレットペーパーのストックと収納について考えてくれました。 トイレットペーパーをリネン庫に袋ごと収納<写真>

ストックについて考えるべき時期。散らからないための収納を考える

保存食や暮らしまわりの消耗品など、ストックについて改めて考えています。 なかでもトイレットペーパーは一時期全国的に品薄になったこともあり、少し多めにストックしようと思うようになりました。 しかしそんなストック品が増えたことで「収納スペースからあふれてしまった!」なんて悩みはありませんか?

●わが家のベストは、コストコのトイレットペーパー

わが家では、コストコのトイレットペーパーを愛用しています。やわらかい感触も好きですし、ダブルなのに長持ちするので交換頻度も少なくすみます。 しかし一方で30ロールあるので収納スペースも必要になってきます。

●トイレットペーパーはトイレ内と洗面所に分けて収納

わが家のトイレ内には壁をくり抜いた造りつけ収納がありますが、掃除用品なども入れたいのでここに置けるトイレットペーパーは4個程度。 残りのペーパーは洗面所のリネン庫と言われるスペースに入れています。

トイレットペーパー専用のスペースにしていて、この30ロールが丸ごと収まります。

●ストック品をしまうための「収納予算」を立てよう!

ストック品で家が散らからないための大切なポイントは、「最大でどれくらいのものが家に入ってくるか」の量を予測しておくこと。 私はこれを「収納予算」と言っています。スペースの予算決めです。 今ある量だけ見て片づけて定位置を決めてしまうと、買い物直後は収納スペースに入りきらず、片づかない原因になってしまいます。 わが家の場合、トイレットペーパーが最後の1個になってから買いに行くわけではないので、30ロールプラスアルファの収納予算を立て、ここにスペースを確保しています。

●トイレットペーパーは袋から出す派?むき出し派?

さてトイレットペーパーは一応衛生用品。 袋に入れたまま収納した方がいいのかもしれませんが、私はできるだけ袋から出してしまっています。 理由は使うときにラクだからです。家族もこういう状態であれば洗面所の収納スペースからトイレ内の収納に補充してくれます。 扉つきの収納の中であれば、ホコリなどの汚れも気になりません。ただ、湿気の多い場所に収納する場合はご注意を。

【関連記事】