Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

篠田麻里子の追及で板野友美が「彼」の存在を白状? アイドル系YouTuberの“エモいコラボ動画”に注目

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 アイドルと元アイドルのYouTubeチャンネルを定点観察する本企画。この1週間前後では、かつての同僚・共演者同士の印象的なコラボ動画がいくつか投稿された。 【写真】YouTubeで実現した篠田麻里子×板野友美コラボ ・篠田麻里子×板野友美  篠田麻里子は9月8日、自身のYouTubeチャンネルに、AKB時代“神7”の一員として共に活躍した板野友美を自宅のキッチンに招いて料理をしてもらう動画を投稿した。  「【初ゲスト】家政婦ともちんにご飯を作るのをお願いしてみた!【料理】」と題した動画で板野は、餃子づくりに挑戦。日頃子育てで忙しい篠田が「冗談抜きで本当に助かる」と感謝すると、板野は「今のうちに恩を売って、私が子どもを産んだ時に『あの時、手伝ったじゃん』って脅迫メールするから(笑)」と冗談を飛ばした。  また、篠田が「彼には作ってあげるの?」と直球質問をぶつける場面も。板野は「えっ? な、なんの話ですか?(笑)」と戸惑いながらも、「彼がいる時は作るよね」と白状。  さらに、板野が餃子の皮包みをしながら「彼とかにも手伝ってほしいな。一緒にやりたい」とつぶやくと、すかさず篠田は「彼は手伝ってくれるの?」と追撃。板野がお手上げとばかりに「すごいでしょ?麻里子さんの質問。怖いでしょ?(笑)」とカメラ目線で訴えるも、篠田は「彼はいない設定?(笑)」と追求の手を緩めなかった。  現役時代は女子高生のカリスマだった板野も気づけば、29歳。34歳で一児の母になった篠田と繰り広げる等身大の大人の女子トークに、コメント欄では「中学高校のとき、憧れのアイドルだった2人が憧れの大人になった」「彼の話をしたり子育てしてたり姉妹みたい素敵な関係だなあ」「小学校の時見てたともちんがこんな主婦感出るなんて想像出来んかった」など、感慨深げな声が相次いでいた。 ・小嶋陽菜×篠田麻里子  篠田は9月11日に、同じく神7の盟友・小嶋陽菜ともコラボを実現。小嶋のYouTubeチャンネルで、「【AKB48クイズ】麻里子様vsこじはるで対決してみた!【コラボ】」と題した、AKB時代を振り返るクイズ企画が展開された。  出題された問題は、「AKB48メジャーデビューシングル『会いたかった』のカップリングは?」「2009年開催『第1回AKB48選抜総選挙』の会場はどこ?」といった昔からのファンならわかりそうなものから、「AKB48のMVを数多く手掛ける高橋栄樹監督は現在何歳?」などファンでも首を傾げそうなマニアックなものまで様々。  中には、2012年5月に発生した、買い物中の高橋みなみの髪の毛に店内に置かれたアロマキャンドルの火が引火する事件に言及する問題も。「その時に(高橋に)付いたあだ名は何でしょうか?」と出題されると、小嶋は「いじっていいんだっけ?これ(笑)」と心配顔に。正解は「ちりみな」。小嶋によると、当時、事件の深刻さを鑑みて、公の場で高橋の件には触れないようにしようとメンバー・スタッフ一同で決めていたという。ところが、コンサートで篠田が高橋に「髪どうしたの?」と聞いていたことを振り返り、「みんなドン引き。さっき確認したじゃん、みたいな(笑)」と指摘。篠田は「聞いてなかったんだろうね(笑)。危ない。そういうとこある」と苦笑いを浮かべた。  なお本動画のクイズを読み上げる“天の声”を、峯岸みなみが務めているところもポイント。篠田、小嶋、峯岸と、AKB黄金期を支えたメンバーが共演するという内容は、さながら「週刊AKB」(テレビ東京)や「有吉AKB共和国」(TBS系)のミニコーナーっぽくもあり、昔を知るファンはさぞ懐かしかったに違いない。 ・生駒里奈×藤森慎吾  デビュー当時から見守り続ける“公式お兄ちゃん”のバナナマンほどでないにせよ、乃木坂46メンバーが週替わりでゲスト出演するラジオ番組『らじらー! サンデー』(NHKラジオ第一)のMCを、2015年4月の放送開始から現在に至るまで5年以上務めているオリエンタルラジオと、同グループの関係性は深い。  そのため、生駒里奈YouTubeチャンネル初コラボの相手が、藤森慎吾なのもある種納得のいく人選ではないだろうか。  旧知の仲の藤森を相手に、生駒はリラックスした様子で大好きな漫画の話、現役時代の苦悩、そして、今後の展望を語っていく。生駒が「応援してくれるファンの人にエンタメで恩返ししたい。人生の最終地点までYouTubeでお届けしたい」と決意を明らかにし、「たとえば結婚式とか旦那も入って……」と言いかけると、藤森は「ええ~!」と驚きを露わに。「まだ生駒の結婚式は想像できないわ。なんでだろう? 祝福というよりは悲しい(笑)」と微妙な心境を吐露。「(結婚式に)呼んでな」と藤森が頼むと、生駒も「呼びます」と即答するなど、年の離れた兄と妹のような掛け合いはなんとも微笑ましい。  最後に藤森が「また来てください。僕の助手席いつでも空いてますので」と言うと、生駒も「はい。今度遠出ドライブをしたい。牧場的なところへ行きましょう」と提案するなど、すっかり藤森の助手席が気に入ったようで、第2弾、第3弾と続くかもしれない。  勝手知ったる盟友・共演者だからこそのフランクな掛け合いが楽しいこれらのコラボ動画。今後どんなエモい共演がYouTubeで見られるのか、引き続き、注目していきたい。

こじへい

【関連記事】