Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ミランのクロアチア代表FWが負傷。クロトーネ戦で左肘を脱臼

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

 セリエAのACミランは28日、27歳のクロアチア代表FWアンテ・レビッチが左肘を脱臼したことを発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。  セリエA第2節クロトーネ対ミランが現地時間27日に行われた。試合はミランが2-0の勝利を収めた。この試合に先発したレビッチは2点目となるブラヒム・ディアスのゴール直後に左肘の負傷により交代となった。  クラブの発表によると、レビッチは左肘の脱臼と診断されたという。同選手は10日以内にもう一度検査を受けることになるという。  ミランではズラタン・イブラヒモビッチが新型コロナウイルス陽性反応により離脱している。レビッチも離脱となれば、好調ミランにとって大きな痛手となるだろう。

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】