Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ドラフト回顧・1975年】新会場をどよめかせた巨人の篠塚利夫1位指名

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

今年もまた、ドラフト会議が近付いてきた。1965年秋からスタートし、今年で56回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2019年のドラフト会議まで、1年ごとに振り返っていく。 球界の半沢直樹? 球団にモノを言うファンから大人気の「天才打者」とは

周囲の反対の声を押し切って

 第1回から東京・日比谷の日生会館で行われてきたドラフト会議だが、1975年から九段下のグランドパレスに会場を移した。  新会場で最初に読み上げられたのが、1番クジのロッテが指名した三菱重工三原の右腕・田中由郎だ。1位では、6番目のヤクルトがセンバツ優勝のスラッガー、杉村繁(高知商高)を指名した後、大きなどよめきが起こる。7番目の巨人が指名したのは、同じく甲子園を沸かせた銚子商高の篠塚利夫。高いバッティングの能力が評価されていた逸材だったが、肋膜炎を患い、ブランクがあったことで体調が万全でないとも伝えられていた。周囲の反対を押し切った長嶋茂雄監督の決断だった、とも言われる。篠塚は、その後、首位打者2度の名選手となったが、80年の監督退任時、一時は自身も引退を決意するほど長嶋監督を慕い続けた。  ほか中日が安打製造機・田尾安志(同大)、広島が200勝投手の北別府学(都城農高)と、のちの中心選手を1位で獲得している。 【1975年ドラフト12球団1位】 ロッテ 田中由郎(三菱重工三原/投手) 阪神 ×足立義男(大分鉄道管理局/投手) 大洋 田村政雄(中大/投手) 日本ハム 福島秀喜(丹羽鉦電機/投手) 近鉄 中野英明(東海大二高/投手) ヤクルト 杉村繁(高知高/内野手) 巨人 篠塚利夫(銚子商高/内野手) 阪急 △住友一哉(鳴門高/投手) 中日 田尾安志(同大/外野手) 広島 北別府学(都城農高/投手) 南海 森口益光(近大/投手) 太平洋 古賀正明(丸善石油/投手) ※△は入団拒否し、その後の指名でプロ入り、×は入団拒否し、その後もプロ入りせず  2位、3位にも実力者の多いドラフトで、2位では阪急でトリプル3を達成した簑田浩二(三菱重工三原)、広島に日本シリーズ男と言われた右腕・山根和夫(日本鋼管福山)、3位では桐蔭学園高からロッテに水上善雄、広島に長内孝が入っている。  また、大学勢の注目は東都で春夏連覇を飾った駒大の中心選手として、「駒大三羽烏」と言われた中畑清、平田薫、二宮至だったが、指名は巨人3位の中畑だけ。大の長嶋ファンだった中畑が涙ながら「なんで自分は高校生より(指名が)下なんだ」と一時は入団拒否の姿勢を見せた。しかし、ここが中畑らしい。ほかの2人のドラフト外での入団を条件に入れて契約を結び、のち篠塚とともに長く巨人の内野を支えることになる。  ほか広島の4位にパームボールを武器にしたリリーバー・小林誠二(広島工高)、巨人の5位にはロッテで監督にもなった山本功児(本田技研鈴鹿)の名前もある。 写真=BBM

週刊ベースボール

【関連記事】