Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

復縁するために「捨てるべき3つのこと」。寄りを戻せた人はなにをした?

配信

週刊SPA!

―[結婚につながる恋のはじめ方]―  みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。  今回は復縁を願い、2年の時間をかけ、元カノと結婚できた男性のお話をもとに復縁するためのポイントをお伝えします。  私の元に相談に来たシゲさん(仮名・37歳)は「今年中に結婚をしたい」と相談にいらっしゃいました。私がコンサルする際にまず初めにすることは、相談者のプロファイルです。その人がしてきた恋愛からわかることはたくさんあり、今の価値観を作っているキッカケになる恋愛や、相談者自身の考え方のクセなどがわかるのです。  例えば、「いつも一目惚れをする」という人は直感で反応をするタイプ。婚活をするときにはこの直感ではない部分で考えられると、今までの恋愛と結果が変わってきます。ほかには別れる理由なども、毎回同じようなことを言われたり、同じような別れ方をしている人は、その人自身の考え方のクセから同じ結末を引き出しているのです。

復縁はじっくり時間をかけなければらない

 シゲさんの恋愛を聞いていくと、「一目惚れタイプ」、そして「振られることが多い」ということがわかりました。さらには「実は元カノと復縁したい」という気持ちも打ち明けてくれたのです。  なぜ復縁をしたいのに私の元に来てくれたのかと聞きました。 「別れたあと、復縁をしたいという気持ちは伝えたんです。ただ、彼女はその気はないときっぱり言い、LINEをブロックされてしまいました。もう脈がないなら次に行かないと婚期が遅れるのではないかと思うし、ずっと思っていても苦しいだけなので……」  一目惚れタイプの直感型の人は「思ったら動きたい(伝えたい)」という衝動的なところがあり、別れてすぐに自分の気持ちを伝えるという行動に出てしまったのだと理解しました。  復縁したい人に必ず伝えているポイントは、「時間をかけなければならない」ということです。特に振られたのだとしたらなおさら。日々の日常を変化させる「別れる」という行為を相手も安易にしているわけではないからです。  シゲさんは復縁を願いながらも婚活もしたほうがいいのではないかという気持ちだったため、私は「まず3か月、元カノの存在を感じるモノ、ヒト、事柄、すべてを自分の日常から消してください」と伝えました。

【関連記事】