Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最寄り駅までバスで50分…北大阪ネオポリスは「絶望ヶ丘」?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

最寄り駅がバスで50分!そこに未来はあるのか?

樽井@南海バスにMP38(・∀・)!(@osaka_sirokichi)のツイート 【山しかない】北大阪ネオポリスの写真を見る 北大阪ネオポリス ・最寄り駅がバスで50分! (しかも公共アクセスはこれだけ!) ・とにかく不便! ・故に「絶望ヶ丘」と揶揄されている #クソ物件オブザイヤー 【どんなストーリー?】 周辺で唯一の公共機関、阪急バスの最寄りのバス停からバスに乗って千里中央駅までざっと50分、そこから急行乗って大阪・梅田駅まで30分。   お猿さんがいっぱい住んでる箕面公園よりもっと山奥、大阪府豊能郡豊能町のニュータウン、「北大阪ネオポリス」は過疎化、少子高齢化によって消滅する日本の地方の将来の姿を暗示している。 【全宅ツイメンバーの解説】少子化・高齢化の波にあらがうには人の心を捉える立地が重要に! 「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。」 日本国憲法第22条にはこう書いてある。だれも無理やりお前はここに引っ越せとは言われんすばらしい条文や。しかし、わしは将来ひょっとしたら居住選択の自由が公共の福祉に反するとされるかもしれんと思とる。僅かな住民のためにインフラを維持するのが限界に来た将来にな。 この「北大阪ネオポリス」のある大阪の豊能町、2030年には、高齢者の割合が人口の 50%を超え、人口は今から半減するいう予測がきっちり立てられとるんや。人をよそから引っ越しさせて自分とこの町の人口を増やすいうんは至難の業や。他の町も自分とこに住んでくださいいうて人口の取り合いしてるんやから。 数十年後には消滅することが見えてしまってる豊能町が過疎対策に作った資料にこういうタイトルのページがある…「豊能町が迎えるかもしれない厳しく困難な未来」。 誰もが無理だとうすうす感じている戦いに立ち向かわされる役所の担当者の気持ちを考えると暗澹とするわな。彼こそ居住選択の自由の犠牲者かもしれんな。 【真相を追跡!】バスに揺られて市内から約1時間の別世界へ かつて、だれもが夢見たであろうマイホーム。その夢は、バブルの崩壊によって庶民の手から遠のくことになるが、その時代に、大阪の郊外を中心に建設されたニュータウンが多数存在する。有名どころを挙げるとすれば、千里や箕面、兵庫の神戸市北区、三田、川西、宝塚、そして奈良の生駒や学園前だ。 一方で、電車も高規格道路も通らぬ大阪の山中に、こんな名前のニュータウンがある。その名は「希望ヶ丘」だ。 場所は箕面市と能勢町の境域にあり、最寄りの千里中央駅や池田駅までバスで約1時間。仮に大阪市内まで行こうものなら2時間は要することになる。当時は、「将来、北大阪急行や国文都市モノレール(現大阪モノレール彩都線)が開通するから、利便性が上がる」という口八丁で販売されていたが、夢のまた夢。希望ヶ丘という一見ロマンのある名を名乗っておきながら、周囲を閉ざされた陸の孤島「絶望ヶ丘」と揶揄される。 一体どのようなニュータウンなのだろう。この目で確かめるべく、大阪市内から電車2本、さらにバスを乗り継ぎ、はるばる現地を訪れてみた。 千里中央駅からバスに乗車するとすぐに、あたり一面何もない坂道に出迎えられる。よく言えば“のどか”、悪く言えば“殺風景”と言ったところだろうか。問題のニュータウンは、ここからまだ峠道をかけ上がった奥地。進むにつれ勾配とカーブがきつくなり、ふと視線を車内に向けると乗車客はみな眠りの世界へ誘われていることに気づく。 「寝た方がいいですよ、酔いますから」と乗車客。彼女は大学生で、毎日往復4時間、年間数十万円の定期代をかけて市内まで通学している。その先、車のすれ違いが難しいほど狭い山道を進むと希望ヶ丘が現れた。

【関連記事】