Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本人が最も愛する作曲家、ベートーヴェンの生誕250周年とコロナ禍

配信

nippon.com

越懸澤 麻衣

本国ドイツ以外で、日本ほどベートーヴェンが敬愛されている国はないだろう。音楽の聖人、「楽聖」と崇められ、年末の「第九」の演奏会はもはや日本の風物詩となっている。そんな日本に於いて、生誕250周年となるベートーヴェンのメモリアルイヤーは、各所で盛大に記念演奏会やイベントが執り行われる予定だった。しかし、コロナ禍でその多くが中止に追い込まれた。

2020年はベートーヴェン生誕250年のメモリアルイヤー

2020年、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770~1827)の生誕250周年を迎える。このメモリアルイヤーを祝うべく、彼の生まれ故郷ボンや22歳から亡くなるまで過ごしたウィーンを中心に、世界中でベートーヴェンの演奏会や展覧会などが企画されていた。 2月中旬、ドイツでまだ新型コロナ・ウィルスが「対岸の火事」だった頃に筆者が訪れたボンでは、街中に「BTHVN 2020」(BTHVNはBEETHOVENの略)というロゴがあふれ、カーニヴァルに合わせてカラフルに仮装させられたベートーヴェン像が並んでいた。 日本も例外ではない。3~4月の「東京・春・音楽祭」や5月の「ラ・フォル・ジュルネ」、6月の「サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン」など、大規模な音楽祭でベートーヴェン作品の特集が組まれ、また個々の演奏会でもこの記念年を謳うものが多く、全国の主要なコンサートホールだけでも100以上が予定されていた。 日本ベートーヴェンクライス代表理事で作曲家・ピアニストの野平(のだいら)一郎氏も、同会の主催・後援で「今年ならではの企画を計画中だったのだが」と残念がる。

なぜ日本人はベートーヴェンを愛してやまないのか?

もっとも、今年に限らず、日本ではベートーヴェンの作品は演奏機会が多い。日本に西洋音楽が本格的に入ってきた明治時代、政府がドイツ文化を積極的に取り入れ、また大正時代にはデモクラシーの機運がベートーヴェンのイメージと合致していたことから、この作曲家は日本人の心をつかみ、「楽聖」として祭り上げられるようになった。 そして現在でも、ベートーヴェンは日本で不動の人気を誇っている。月刊誌「音楽の友」の読者アンケート「好きな作曲家ランキング」では、ベートーヴェンはなんと39年前からほぼ毎回、1位に輝いているのだ(モーツァルト生誕250周年の2006年が唯一の例外)。 年末の風物詩、「第九」こと交響曲第9番の上演は、世界的に見ても特筆すべきである。「音楽の友」の別冊付録「コンサート・ガイド」によると、昨年12月に「第九」が演奏されたのは、プロ・アマ合わせて112回。この驚くべき数字は、日本における「第九」の特別な位置づけを物語っている。 なぜ日本人はこれほどベートーヴェンが好きなのだろう? 野平氏は「音楽のわかりやすさ」を指摘する。「ベートーヴェンの音楽はメッセージをダイレクトに訴えかけてくる。その力がものすごいからだと思います」。 「音楽の友」編集長・荒井幸太氏は「さまざまなジャンルに名曲がいくつもあること」や「心に残りやすいメロディが多いこと」を挙げる。 小学校の音楽室で生徒たちを怖い顔で見つめる「大作曲家」は、生前にはその名を知る者がいなかった遠く離れた地で、人々の音楽体験を豊かにし続けている。

【関連記事】