Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

船越英一郎&甲斐よしひろ 萩原健一の“伝説のライブ”に大興奮!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。9月3日(木)のお客様は、俳優の船越英一郎さんと甲斐バンド・甲斐よしひろさんです。

◆大体7時間をずっと2人で…

甲斐:元々よく行く店が、(船越さんと)かなり被っているんですよね。活動範囲がわりと似ている所があって。でも、いつも2人なんですよね。 船越:なんでこんなに長い時間、男2人でしゃべっているんだって。 甲斐:(笑)。ときどきゲストはくるけど、基本は2人ですよね。それで大体5時間くらいしゃべっているんですよ。 船越:いや、甘いですね、それ。 甲斐:甘い? 船越:僕、平均を出してみたんですけど。大体6時間半から7時間くらいのあいだですね(笑)。 甲斐:(笑)。そのあいだに、彼(マネージャー)は、ずっと待ってくれていたりとか。 船越:1人で時間を楽しんでいるからいいんですよ。 甲斐:古舘伊知郎さんの息子さんとか、ときどきゲストが入るんですけど。 船越:大概は、2人でとりとめのない話を。

◆「あのライブをもう一回観たい!」(船越)

甲斐:でもあれがすごかったね。船越さんが、三茶の誰も気づかれないようなお店に行ったとき「甲斐さん。ちょっと待ってて」って言って、車の所にバーッと行って、iPadとスピーカーみたいなのを持ってきたじゃん? 船越:持ってきました。 甲斐:あれがまずかったんだよね。あれでハマっちゃったのよ(笑)。 船越:バーでいきなりiPadで音楽を聴くやつなんていません、そんなの。 甲斐:誰もいないから、別に迷惑をかける感じはまったくないし。それで、またちょっと小さなスピーカーでチープな感じが良いんですよ。 船越:良いですよね。 甲斐:変に低音が出ているとちょっと妨げ感があるけど。ハイもちょっと切れていて下も低音も切れている、みたいな感じだから全然会話に支障がない。 船越:支障はないですけど、かけている曲についてはベラベラ話しますよ(笑)。(そのときは、)萩原健一さんの曲をなぜか聴いて。 甲斐:『熱狂雷舞』(萩原健一のライブアルバム)ね。 船越:そう『熱狂雷舞』を聴いて。「(ショーケンが)ここで歌詞を間違えるんです」みたいな。 甲斐:あのときの船越さんは、本当に(しゃべりが)絶好調だったんだけど、「この曲は4ヵ所間違える」って言ったんですよ。で、俺が“えー?”と思って聴いてみたら、本当に4ヵ所間違えるのね(笑)、すごいなと思って。また、あのとき、(バックを担当した)柳ジョージ&レイニーウッドが絶好調でガーッときているときで。 船越:良かったですよね。 甲斐:それで、(柳ジョージ&レイニーウッドのメンバーで)サックスの鈴木明男君とは、その後すごく仲良くなって。それで「あのライブのとき、どうだったの?」って聞いたら、間奏でサックスを吹いているときに、ショーケンが自分の靴を脱いで、明男ちゃんの頭に乗せながら踊ったんですよ。それを観ていた静岡の両親が「泣いた」って。 2人:(爆笑) 甲斐:「なんでお前は、そんな情けない感じで吹かないといけないんだ。人様から頭の上に靴を乗せられて……」って説教されたって。 船越:(笑)。この話は、僕初めて聞きましたよ。 甲斐:俺、それが超面白くてさ。でも、あのライブのビデオ(の元素材)は、いまだに見つからないんですよね。 船越:そうなんですよ、映像がないんですよ。 甲斐:テレビ中継をしたから、本当はあるはずなんですよ。でも見つかっていないんだよね。 船越:あの映像を見たい! ショーケンさんが1番良いときですもん。 甲斐:そうですね。歌詞間違いも許せるっていうのは、よほど良いときですよ。普通気になるからね。 船越:またあれがちゃんと味になって、すごく良いんですよ。 甲斐:また演奏が上手いもん! 船越:上手い。だってハモっているのが、柳ジョージさんですからね。 甲斐:それとレイニーウッドだもんね。むちゃくちゃ良いメンツで。 船越:贅沢ですよ。 (TOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」9月3日(木)放送より)

【関連記事】