Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

これが「ごみゼロ」を目指した町の集大成! ホテルも併設、泊まって学ぶ環境問題

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Webマガジン コロカル

コロカルニュース

■セミナー、ホテル、アクティビティが揃った環境型複合施設 2003年よりゼロ・ウェイスト(Zero=0、Waste=廃棄物)宣言を掲げ、国内はもちろん、国外にも町の活動を精力的に発信してきた上勝町。現在上勝町には、世界中から環境問題への問題意識を持った人々が多く足を運ぶといいます。 【写真で見る】ホテル、セミナールーム、ラボ、ごみステーションとさまざまなスペースが用意されている そんな上勝町に、環境型複合施設〈上勝町ゼロ・ウェイストセンター(WHY・ワイ)〉が誕生しました。 ブランディング・クリエイティブプロダクション・エクスペリエンスデザインは〈株式会社トランジットジェネラルオフィス〉、建築設計は〈中村拓志&NAP建築設計事務所〉が担当。 上勝町のゼロ・ウェイスト活動に興味を持ち訪れた人々がよりまちの取り組みを知れるよう、同施設には、リサイクルごみ集積場のごみステーション〈くるくるショップ〉、〈ゼロ(0)・ウェイストアクションホテル〉、セミナールーム、ラボとさまざまなスペースが用意されています。 なかでもゼロ・ウェイストアクションホテル〈HOTEL WHY〉は、排出されたゴミの行方を知ることができるウェイスト・セパレーション、実際に利用する石鹸のセルフ切り分けやサービスコーヒー豆の量り分けなど身の回りにあるものでゼロ・ウェイストアクション体験し、環境問題について学べる仕掛けが。 また、トレッキング、フィッシング、レイクカヤック、サバイバルゲームといった、上勝町の大自然を堪能できるフィールドアクティビティ体験プログラムも用意されており、慌ただしい日常から解放され、マイナスイオンたっぷりななか、英気を養えることでしょう。 朝食は、コロカルでも以前ご紹介した〈RISE & WIN Brewing Co BBQ & General Store〉監修の上勝や徳島の食材を使ったピクニックスタイル・ブレックファーストが登場します。 ちなみにバスアメニティは、ニュージーランド発の〈ecostore〉、ウェルカムドリンクは、日本初のコールドプレスジュース専門店〈SUNSHINE JUICE〉、量り分けサービスのコーヒーは、サステナビリティを提案する〈TADE GG 農園〉の豆をローストする〈Little Darilng Coffee Roasters〉、セルフ切り分けの石鹸は、石鹸一筋65年の〈無添加石鹸本舗〉などなど、こだわり詰まった協賛ブランドのアメニティも、見どころのひとつ。 上勝町がまちをあげて築いてきたゼロ・ウェイストプロジェクトは、日本が誇る財産です。〈上勝町ゼロ・ウェイストセンター(WHY)〉でのひとときは、きっと私たちにかけがえのない気づきをもたらすことでしょう。ここに多くの人が足を運び、未来ある行動へつなげていくことを祈っています。 information 上勝町ゼロ・ウェイストセンター 住所:徳島県勝浦郡上勝町大字福原字下日浦7番地2 アクセス:徳島空港から車で1時間5分 writer profile Kanae Yamada 山田佳苗 やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。 【コロカルニュース】とは? 全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

【関連記事】