Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

80年代を席巻!ブルック・シールズの美少女ぶりを振り返り

配信

コスモポリタン

5月31日(現地時間)に、めでたく55歳の誕生日を迎えた女優のブルック・シールズ。50代に突入しても変わらず美しい彼女ですが、実は80年代に、一世を風靡した美少女だったことはご存知ですか? 【写真】過去に交際が噂されていたブルック・シールズ&マイケル・ジャクソン 今回は、その類稀なる美貌で世界を魅了した、70代後半~80年代のブルックの懐かしショットをまとめてみました。当時を知っているという人も、初めて見るという人も、彼女の美しさに圧倒されるはず!

幼少時代

ブルック・シールズは1965年5月31日、実業家の父フランシス・アレクサンダー・シールズと、ソーシャライトでモデル兼映画プロデューサーだった母、テリー・シールズの間に誕生しました。 その芸歴は長く、生後11カ月で石鹸のCMに出演して以降、キッズモデルとして活躍していくことになります。 こちらは、ブルックが自身のInstagramに投稿した幼少期の写真。母が作ってくれたコスチュームを着てはしゃぐ姿が愛らしい一方で、すでに顔が出来上がっていることに驚き!

1978年

この年に公開されたのが、ルイ・マル監督が手がけた映画『プリティ・ベビー』。 本作で12歳の娼婦というタブーな役柄を演じたブルックは、少女の可憐さと、時折見せる大人顔負けの色香で人々を魅了し、一躍スターへの階段を駆け上がりました。 この作品で、彼女の女優人生が本格的に幕を開けたのです。

1980年

1980年には、14歳という史上最年少の若さで『ヴォーグ』誌のカバーを飾ったり、15歳になったと同時に「カルバン・クライン」の広告塔をつとめたりと、とにかく引っ張りだこに。 写真は、「ヴァレンティノ」の1981年春夏オートクチュール・コレクションを身に纏い、撮影に臨んだ時のショット。10代半ばとは思えないほど大人っぽい!

一方1980年は、ブルックにとって女優としてもさらなる飛躍を遂げる年となりました。 そのきっかけとなったのが、主演をつとめた映画『青い珊瑚礁』。 船の難破によって孤島に漂着した少年少女が、自給自足の生活を送りながら成長し、やがて性に目覚めていく過程を描いた本作で、ブルックは裸族スレスレの姿を披露しながらフレッシュな魅力を振りまき、ハリウッドを代表するアイドル女優となったのです。

【関連記事】