Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本小児科医会が緊急メッセージ! 小児科が直面する新型コロナによる医療崩壊危機 閉院する小児科も【専門家】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
たまひよONLINE

ワンオペ育児、孤育て、長時間労働、少子化…。本特集「たまひよ 家族を考える」では、妊娠・育児をとりまくさまざまな事象を、できるだけわかりやすくお届けし、誰ひとりとりこぼすことなく赤ちゃん・子どもたちの命と健康を守る世界のヒントを探したいと考えています。 今回は日本小児科医会が9月7日に発表した「子どものかかりつけ医がいなくなる!?  日本の小児医療がピンチです!」という緊急メッセージについて、日本小児科医会 業務執行理事を務める、はやしクリニック院長 林 泉彦先生に聞きました。 ▶【マンガ】三つ子と小児科医

新型コロナの影響で、小児科への外来患者数が激減! 小児科が苦境に

新型コロナウイルスの影響で、全国の開業小児科医が苦境に立たされています。小児科の現状は、今、どのようになっているのでしょうか。 「すでに小児科の閉院が報告されています。新型コロナウイルスの影響による小児科の医療崩壊の危機だととらえています」(林先生) かかりつけの小児科が閉院すると、困るのはママやパパです。 「近所に小児科がなくなると、小児専門の医師に診てもらえなくなります。 かかりつけの小児科は病気を診るだけでなく、発育・発達や子育て、園や学校生活の悩みに答えるなど、ママやパパの不安に寄り添っている存在です。地域に根差した小児科が閉院することで、乳幼児健診や保育園・幼稚園・学校の健診などにも多大な影響が出るでしょう」(林先生)

緊急事態宣言が延長された8都道府県では、5月の診療所収入が前年同月比-59.3%に

小児科の受診がどのくらい減っているのか、日本小児科医会による全国400施設以上の小児科診療所経営実態調査のデータを紹介します。全国平均で前年同月と比べて、次のような結果が出ています(複数回答)。 【外来患者数について】 2020年3・4月の前年同月比 30%以上減少した診療所 68.5% 40%以上減少した診療所 47.5% 2020年5月の前年同月比 30%以上減少した診療所 90%  40%以上減少した診療所 41% 60%以上減少した診療所 8.4% 【診療所収入について】 2020年3月の前年同月比 -25.7% 2020年4月の前年同月比 -38.2% 2020年5月の前年同月比 -48.3% とくに緊急事態宣言が延長された8都道府県の診療所では、5月の診療所収入が前年同月比の-59.3%という結果に。いまだ回復の兆しはありません。 外来患者数が、ここまで減ったのはなぜでしょうか。 「まず1つは新型コロナウイルス感染症以外の感染症が流行していないためです。毎年、夏に子どもたちの間で流行る手足口病にかかった子は、今夏は例年の30分の1ともいわれていて、流行はしませんでした。 理由の1つには新型コロナウイルス予防が徹底したためとも考えられています。 もう1つは、ウイルス干渉です。ウイルス干渉とは、たとえば新型コロナウイルスに感染すると、自然免疫がついて、ほかのウイルスには感染しづらくなることです。しかし感染しづらい期間は1~2カ月間です。ここまで長期化するのは考えづらいです。 そのためほかの感染症がなぜ流行しないのか、理由がわからない状況ではありますが、子どもの感染症が減って、病気をしないことはいいことです。 ただバランスが急激に崩れてしまい、医療崩壊が起き始めています」(林先生)

【関連記事】