Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【独占・長友佑都】マルセイユ移籍と内田篤人

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NewsPicks

オリンピック・マルセイユに加入が決まって約2週間。 すでにリーグが開幕しているチームは活気に満ちている。先日には34歳になった。新たな一年に楽しみしかない。 マルセイユはフランスのプロサッカーリーグ・リーグ・アンの名門クラブだ。 【貴重写真】チャンピオンズリーグで激突した長友佑都と内田篤人(9枚) 昨シーズンをパリ・サンジェルマンに続く2位で終え、今シーズンはチャンピオンズリーグにも出場する。ご存じのように、日本代表でともにプレーをする酒井宏樹も所属し、6万7000人が入るスタジアム「オレンジ・ヴェロドローム」は壮観だった。 コロナウイルスの影響もあってすぐに満員のサポーターの前で、とは簡単にいかないだろうけれど、その日を待ちわびている。聞くところによると、サポーターは熱く、いいプレーをすれば褒めてくれるが、悪いプレーをすれば容赦ないという。 でも、そんなところも含めて、僕の選んだ道だ。 2022年のワールドカップに出る。多くの人に愛と勇気と希望を届けられる存在になる。ずっと言い続けている、全ては自分の描いた「ヒーロー像」に向かうストーリーの一部であるという『ヒーロー思考』が、ブレない僕を作り上げている。

いいプレーをするかしないか、それだけ

移籍が決まったとき、日本の報道では「レギュラーが確約されていない」ことが注目されたらしい。 マルセイユには、若くてうまい選手がたくさんいる。僕の主戦場、ジョルダン・アマヴィもそのひとり。マルセイユでは4シーズン目を迎える26歳がレギュラーで僕はそれを奪いに行く立場──そんな論調だったと聞く。 この話を聞いたとき、そもそも「レギュラーに確約なんてあるの?」と驚いた。 いいプレーをすれば使われる、悪いプレーをすれば使われない。サッカーとはそういうものだ。 契約が出場機会に影響を与える、なんて言い方がされることもあるけれど、僕はそんな経験をしたことはない。 いつだって、いいプレーが、サッカー選手であることが、ピッチ上でのパフォーマンスが、すべてだと思っている。だから契約のオファーをもらった段階で、試合に出られる「保証があるかどうか」は一切、気にならなかった。 あのマルセイユが、──これはマルセイユの公式Twitterなどでも紹介されたけど、12年前に明治大学にいた僕は学生選抜としてマルセイユのユースチームと対戦をして「スーパーミドルシュート」を決めている。あれは本当にロベカルみたいだった(笑)──オファーをくれたことに運命を感じ、そして5大リーグに戻ってこられたことに気が引き締まった。 あとは日々の練習で自分の価値を証明していくだけだ、と。 加えて言えば、チャンピオンズリーグに出るような名門は、必ずローテーションで選手起用をしていく。 インテルのときは、僕と同じサイドにサネッティやギブがいて、リーグ戦とカップ戦やチャンピオンズリーグを、それぞれが役割を果たしながら、勝ち進もうとした。 逆に、昨シーズンのガラタサライでは、そのすべてに出場をしていて体がかなりきつかった。途中に日本代表もあり、移動の負担もあったかもしれない。 こうした状況で直面する一番の困難は、過密日程のフィジカル的なつらさもあるが、「100%のパフォーマンス」をピッチで見せられない心理的なストレスと、それによって自分自身が評価を落とす、というジレンマだ。 それは年齢による部分もある。変わりゆくものでもある。だから、自分の今を見つめ直したうえで「どういう環境がベスト」かを考える必要があった。 そういう意味で、マルセイユのように同じポジションに複数の選手を置いて、チームを作っていくのはスタンダードな手法であり、僕には最適な環境だ。レギュラーが確約されているかどうかにはまったく興味がない。

【関連記事】