Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

熱はないけど喉が痛いときの薬と、薬以外の対処法|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

熱はないけれど喉が痛い。かぜの後、熱は引いたが喉の痛みが取れない。ちょっと疲れがたまると喉が痛くなる……。最近、こんな喉の症状を訴える人が増えているようです。なかなか引かない痛み、どんなお薬がいいのでしょうか?

炎症だけを抑えるトラネキサム酸

まず市販薬から見ていきましょう。ドラッグストアに行くと、「喉の痛み」に対応する薬はたいがい、かぜ薬の近くに配置されています。かぜ薬にはどれも解熱剤が入っているのですが、熱はないのですから、解熱剤は必要ありませんね。 市販のかぜ薬に入っている解熱鎮痛剤は、イブプロフェン、ロキソプロフェン、アスピリンなど。いずれもNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)です。つまり、NSAIDsは解熱だけでなく、抗炎症作用を持ちます。解熱と鎮痛の両方に効く強い成分なので、使うのは本当に必要な時だけにしたいものです。 そこで喉の痛みを取るだけなら、喉の炎症に効く薬が第一選択になります。トラネキサム酸という抗炎症作用をもった成分がよく使用されています。市販薬では「ペラック」が有名です。 トラネキサム酸は、喉の炎症の原因物質になるプラスミンという化学物質を抑える作用をします。喉の痛みだけでなく、口内炎や歯肉炎、扁桃炎など口腔の粘膜の炎症にも有効で、湿疹やじんましんなどにも使われます。大きな副作用もなく、安全性の高い薬です。

処方薬には市販薬の倍量の有効成分が

ただし、「ペラック」に含まれるトラネキサム酸は1錠125mg、大人1日分6錠あたり750 mgです。市販薬としては1日に飲めるトラネキサム酸の上限が、この量なのです。一方、病院で処方されるトラネキサム酸の上限量は2000mgです。薬局では1回あたり500mgを1日3回、合計1500mgという処方箋をよく見ました。市販薬の2倍ですね。市販薬を飲んでみて、効果が感じられないようでしたら、やはり病院で診てもらい、適切な薬を処方してもらうのが回復の近道でしょう。 トラネキサム酸以外の選択としては、やはり、かぜ薬になります。大手のかぜ薬は症状ごとに細分化され、「のど用」「熱用」「鼻用」と分けられていますよね。中身の成分にそれほど大きな違いはありませんが、喉の炎症を抑える成分が、「熱用」「鼻用」より多く入っているのが特徴です。喉の痛みを取る成分としては、先述したようにイブプロフェンやロキソプロフェン、アスピリンといったNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)になります。

【関連記事】