Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渋谷教育学園渋谷 短歌日本一に 高校生万葉短歌バトル、オンラインで熱戦

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 高校短歌日本一を決める「第5回高校生万葉短歌バトルin高岡」は23日、高岡市下関町の富山銀行BOTホールをメイン会場に行い、八咫烏(やたがらす)(渋谷教育学園渋谷・東京)が初優勝した。県勢の高岡向陵は1回戦で敗れた。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインで出場校を結んで開催した。  書類選考による予選を勝ち抜いた高岡向陵を含む全国の8チームが本選に出場。若い感性を生かして熱い戦いを繰り広げた。  試合は、かつて貴族の間で流行した「歌合(うたあわせ)」を現代風にアレンジ。先鋒(せんぽう)、中堅、大将の3人一組で、それぞれ1対1で対戦した。与えられた題で作った歌を朗唱した後、仲間の歌の特徴を説明し、対戦相手の歌を批評した。  歌人の佐佐木幸綱さんと小島ゆかりさんは東京から、高岡市万葉歴史館の坂本信幸館長は同ホールで審判役を務め、作品の出来栄えや批評力などを踏まえて勝敗を決めた。

 最優秀作品に贈られる「『短歌』編集部賞」は、市立太田文芸クラブ(市立太田・群馬)の工藤鈴音さん(3年)が受賞した。  大会の様子は30日から動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開する。高岡市と市教育委員会、市万葉歴史館、県歌人連盟、北日本新聞社でつくる実行委員会主催。

【関連記事】