Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「半グレ」リーダー野球賭博の疑い アプリで5千万円集金 沖縄県警逮捕

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
琉球新報

 プロ野球公式戦などの勝敗を予想する野球賭博を主催したとして、県警組織犯罪対策課は15日、賭博場開張図利の容疑で自称経営コンサルタントの男(50)=住所不定=を再逮捕したと発表した。同容疑者は6月23日、労基法違反(強制労働の禁止)の容疑で八重山署に逮捕、送検されていた。また県警は同じ野球賭博に関わった疑いで自称投資家の男(49)=京都府=、県内に住む無職の30代男性も賭博場開張図利容疑で摘発した。  関係者によると、自称経営コンサルタントの男は暴力団などに属さずに犯罪行為を繰り返す「半グレ」と呼ばれる組織のリーダー。男は「すべて間違っている。賭博には関わっていない」と容疑を否認している。  逮捕容疑は昨年6月25日から今年3月25日の間、容疑者らは賭博場を開きプロ野球や高校野球の計453試合で、無料通信アプリなどを利用して合計5231万円の賭け金を集め、利益を得ていた疑い。  県警によると、県内外の数十人が賭博をしていた。1口1万円で賭け金を募り、多いときは1試合当たり約100万円が集まるなど、賭け金から手数料として1割が容疑者らの利益となっていたという。

琉球新報社

【関連記事】