Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ネット通販で買った商品の「店舗受け取りサービス」は「知らない」約55%、「利用したことがある」は5.7%

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ネットショップ担当者フォーラム

マーケティングリサーチを手がけるバルクは6月15日、新型コロナウイルスの感染予防対策の1つとして注目されている「店舗受け取りサービス(BOPIS)」の認知や利用意向についてインターネット調査を実施した。 「店舗受け取りサービス」は、Buy Online Pickup In Storeの略称。スーパーや雑貨店などのECサイトで購入した商品を、リアル店舗で受け取るスタイルのことで送料がかからないケースが圧倒的。 「店舗受け取りサービス」を知っている人(「すでに利用したことがある」「利用したことはないが、サービス内容は知っている」)は全体の25.1%で、すでに利用したことがある人は、わずか5.7%。「名前は聞いたことがあるが、サービス内容については分からない」が20.1%、「全く知らない」は54.8%だった。 「店舗受け取りサービス」の内容を説明した上で利用意向を聞いたところ、「非常に利用したいと思う」「利用したいと思う」「まあ利用したいと思う」の合計は全体で30.0%、「女性」では34.7%。「どちらでもない」が41.2%で最も多い回答となっている。 「店舗受け取りサービス」を利用したい理由は、「便利そうだから」(15.9%)、「配送料がかからない」(15.2%)など自身のメリットのほか、「人とあまり接触しないで良いから」(15.2%)、「配送業者の負担を軽減できるから」(6.1%)、「お店の負担を軽減できるから」(3.1%)など、コロナウイルス感染予防や社会貢献の意識からの理由もある。 □ 調査概要 ・調査方法:インターネット調査 ・調査対象者:全国の20代~60代の男女(モニターから抽出) ・調査期間:2020年5月28日~6月1日 ・回答者数:3000人