Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

政府公認?の立体透明マスクで対策万全 三宅裕司がSET新作舞台アピール

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 俳優の三宅裕司(69)と小倉久寛(65)が25日、東京都内で劇団スーパー・エキセントリック・シアター第58回本公演「世界中がフォーリンラブ」(10月9日~25日、東京・池袋サンシャイン劇場)の製作発表会見を開いた。  「純愛」をテーマにしたミュージカル・アクション・コメディー。感染すると人を好きになってしまう新型ウイルスをめぐるドタバタを描く。三宅は「(現在のコロナ禍で)ストレスがたまっているお客さんが大笑いして元気になって明日から頑張るぞと思える舞台をやる」と意気込んだ。  三宅は稽古でも使用していたという特製の“立体透明マスク”を取り出し「ひまつ防止、むれにくい、表情が見える、息苦しくない、洗って何度も使いやすい、汚れにくい」と紹介。「今回の舞台の冒頭で厚生労働大臣が“政府公認”と宣言しちゃいますから。登場人物は全員がこれを着ける。お客さんもキャストも裏方さんも全員がマスクをしている芝居は今回が初めて。安全対策は万全です」とアピールした。  テーマにちなみ私生活での純愛エピソードを尋ねられた三宅は「小学校4年の時に知り合った女性と高校3年から付き合い始めて、7回別れて、35歳で結婚した。これは純愛でしょ? 純愛のつながりと言った方が、今後の結婚生活がうまくいくと思います」と笑わせた。小倉も「結婚してくれと100回ぐらい言いましたからね。何でも言うこと聞くし、これも純愛の一種じゃないですか」と苦笑していた。  三宅らと同劇団を立ち上げて名付け親にもなった俳優の斎藤洋介さんが19日に亡くなったことについては、同劇団として「ご冥福をお祈りしております」とコメントした。

中日スポーツ

【関連記事】