Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明日海りお、「ムーラン」吹き替えに元宝塚男役ならではの難しさ「演じ分けようと…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
映画.com

 [映画.com ニュース] ディズニー映画「ムーラン」の公開記念オンラインパーティーが9月12日、都内で開催され、主人公ムーランの日本語吹き替え版声優を務める明日海りお、シェンニャン役の小池栄子、日本版主題歌を歌う城南海が登壇した。 【フォトギャラリー】「ムーラン」イベントの模様  元宝塚歌劇団花組男役トップスターであり、今回声優に初挑戦した明日海は、ムーランが少女の時と男性と偽っているときの声の使い分けが難しかったと語り、「『男女を演じ分けよう』と思って挑んだのですが、男装したときにすごく強そうになってしまったんです。演じ分けるというよりは、一人のムーランの声に聞こえるようにこだわりました」と、明日海だからこそできる男女の使い分けについて力説。  大のディズニー好きでもある明日海は「豊富なアクション、美しい映像、音楽が大好きで、壮大な音楽との相乗効果であっという間! 見終わったあと心がジーンと温かくなる……やっぱりディズニーだなと思いました」と本作の感想を伝え、「3回見て3回泣いてしまった。勇気をくれる素敵な作品」と魅力をアピールした。  小池も「いやもう号泣でしたもん!」と泣いたことを明かし、「(シェンニャンを演じた)コン・リーさんのお芝居に声を付けるわけで、自分だったらどうするだろうという感情が邪魔をして難しかった。あくまでコン・リーさんが演じたシェンニャンを大事に、そこに自分の芝居心をエッセンスとして入れ、存在感をいかに声で示すかが本当に難しかったです」と吹き替えならではの苦労を語った。  この日は城が本作の主題歌「リフレクション」をイベントで初披露し、伸びやかな歌声を響かせた。「ムーラン」は動画配信サービス「Disney+」のプレミアアクセスとして独占配信中。鑑賞には追加支払いが必要となる。

【関連記事】