Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「3月期決算」こんなに傷んだ〈空前絶後の大ブレーキ。全11業種を総ざらいする〉/丸の内コンフィデンシャル拡大版――文藝春秋特選記事【全文公開】

配信

文春オンライン
「3月期決算」こんなに傷んだ〈空前絶後の大ブレーキ。全11業種を総ざらいする〉/丸の内コンフィデンシャル拡大版――文藝春秋特選記事【全文公開】

決算説明会でのトヨタ豊田章男社長 (c)共同通信社

(1)自動車〈手元資金潤沢なトヨタ。日産は11年ぶりの最終赤字〉 「コロナショックはリーマンショックより遥かにインパクトが大きい」  トヨタ自動車の豊田章男社長は5月12日、ネットで会見し危機感を露わにした。21年3月期連結決算で営業利益が前期比79.5%減の5000億円になりそうだと発表したのだ。世界的に販売が急減し、グループの世界販売台数の見通しが前年より14.9%減って890万台となり、8年ぶりに1000万台を下回る。  リーマン危機の09年3月期はグループの販売台数が11.7%減り、4610億円の営業赤字に転落した。営業利益が1兆円を下回れば東日本大震災直後の12年3月期以来9年ぶり。売上高は前期より19.8%減の24兆円を見込む。  豊田社長は「リーマン時と比べて販売台数の減少は激しいが、企業体質を強化したことで、黒字を確保できる」と語った。この発言にはリーマンショック時の失敗を繰り返さないとの決意が滲み出ていた。今のトヨタのリーマン時との大きな違いは手元資金の潤沢さにある。リーマン危機の際は「1カ月に1兆円の資金が必要で、3カ月で資金繰りが苦しくなる」とまで言われた。財務を担当してきた小林耕士執行役員は現預金などの手持ちの資金が「リーマンの時は約3兆円しかなかったが、今は約8兆円まで増えた。ただ米アップルは20兆円以上ある(とされており)、まだまだ少ない」と述べた。リーマン時に比べ手元資金は2.7倍。月商の3.2カ月分を確保している。お家芸の「トヨタ銀行」と呼ばれる手法で手元資金をここまで積み上げてきたのが活きた。  他の大手はどうか。最大の注目は日産自動車(内田誠社長)。20年3月期連結最終赤字が6000億円を超えた。最終赤字は11年ぶりだ。  日産は昨年7月、22年度までに世界14拠点で計1万2500人を削減する計画を公表。さらに、新型コロナの打撃を受け、スペインのバルセロナ工場を閉鎖するほか、インドネシアなど新興国の生産体制の縮小に着手。国内拠点の再編も検討しており、人員削減の見通しは2万人超を積み増すことになりそうだ。  日産の20年3月期末の手元資金は1.5兆円。事業規模が同程度のホンダ(八郷隆弘社長)の2.6兆円(20年3月期)と比べて1.1兆円も少ない。コロナの影響で売り上げは激減し、手元資金も心細くなってきた。  新型コロナがもたらした世界的危機を乗り越え、どの社が新たな主役に躍り出るのか、注目が集まる。

本文:8,284文字

写真:3

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込330
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

丸の内コンフィデンシャル/文藝春秋 2020年7月号

文春オンラインの有料記事

PayPay残高使えます