Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「わかる~!と共感されるたび、ヤバイと思っていた」“プロ無職”るってぃがSNSを離れた理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
新R25

最近のSNS、しんどくないですか。 いつも誰かが怒っていたり、誰かを批判していたり、殺伐とした雰囲気が続き、筆者はすっかりSNS疲れをしています。 改めて「SNSとの距離感」を、自分のなかでアップデートしなければいけないのかなと思います。 そんなときに、ある「インフルエンサー」のことを思い出しました。 「プロ無職」るってぃさんです。 無職なのにフォロワー3万人。SNSでの情報発信には年間300万円のスポンサーがつき、家までもらった…という彼ですが、昨年「インターネットと言葉への不信、そして抽象世界」という意味深なnoteを書くなど、どうやら「インフルエンサー」という地位を捨ててしまったようなのです。 いったいるってぃさんは、何を思い、どのようにSNSから離れたのか…!? 2020年6月、今まさに読んでいただきたい内容になっています。 〈聞き手=ほしゆき〉

ほし: 今日はよろしくお願いします。 るってぃさん: 以前『新R25』に取材していただいたのは2018年か… 一番イケイケのときでしたね(笑)。 あれからいろいろあって… SNSで自分を“ブランディング”していく生活をやめたんです。 たぶん今全然目立ってないと思うんで、まさか取材オファーが来るとは思ってなかったです(笑)。 ほし: まさにそこが気になっていて… あんなにSNSを駆使して生きていたるってぃさんが、どうしてSNSと距離を置くようになったんですか? るってぃさん: それは… 「共感される」ことによって、SNSの解像度の低さに気付いてしまったからです。

「わかる~!」と共感されるたび、「SNSから離れなきゃヤバイ」と思っていた

ほし: 「解像度が低い」とは…? るってぃさん: SNSって「共感される力」が大事ですよね。 みんなに共感される内容を、共感される言葉で発信すればするほどフォロワーが増える。 共感されるために、わかりやすい言葉や数字が並んでいる。 ほし: たしかに、自分がなんとなく抱いていた感情を誰かが言語化しているのをみると「それだ! わかる!」って共感してリツイートしちゃいます。 るってぃさん: でも、人の感情なんて、本来はそんなに簡単に理解できるものじゃないでしょ。 自分にしか理解できない感情や思考を、簡単に「わかる~!」って言われるたびに、僕はどんどん虚しくなっていきました。 誰にでもわかるようにレイヤーを落として、思考を分解していって、それで何が残るんだろうと。 生きていると、言葉にできない感情とか、数値化できないもののほうが圧倒的に多いじゃないですか。 でもSNSには、わかりやすい言葉と数字で表現できるものしかない。 解像度がすごく低いんです。 ほし: その感覚に耐えられなくなっていった…ということですか? るってぃさん: 耐えられないというよりも、「離れなきゃヤバイ」って危機感と言ったほうが近いです。 バズればバズるほど“フォロワーに称賛されるだけの、それっぽい自分”ができあがっていきました。

【関連記事】

最終更新:
新R25