Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

伊丹空港で出発直前、高級ホテルの朝食をワンコインで堪能…夜は滑走路眺めてのバーに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Lmaga.jp

大規模改修がおこなわれ、5日にリニューアルオープンした「大阪国際(伊丹)空港」(大阪府豊中市)の北ターミナル内に、「ラウンジ&バー グランブルー」が登場。有名ホテルが手がける朝食をターミナル内で楽しめる。 【写真】限定30食の朝食セット 同店は、高級ホテル「ホテル・ラ・スイート神戸ハーバーランド」(神戸市中央区)によるラウンジ&バー。2018年に系列のベーカリー「ル・パン 神戸北野」が同空港の一般エリアにオープンしており、ホテルクオリティの朝食が提供されることで人気。今回の新店でも同じ内容の朝食を、保安検査後のターミナル内でも楽しめる。 サンドイッチやサラダ・ゆで卵などがワンプレートになった朝食セットは8種類スタンバイ。高級ホテルらしく「播州百日どり」や「夢前町産七福卵」など、兵庫県産の上質な食材を多く使用されている。 なかでも1日限定30食で提供される『朝ごはんフェスティバルで日本一のル・パン朝食セット』(500円)は、2015年に楽天トラベルの朝食フェスティバルで優勝したほど。パン3種類にゆで卵・ミニサラダ・ドリンク付きでワンコインと、お得な内容と価格で人気となりそうだ。 また店内のバーカウンターを越しの窓からは、飛行機や滑走路を眺めることができるなど絶景のロケーションも自慢。ソムリエやバーテンダーが常駐しているので、こだわりのワインや本格的なカクテルなどのお酒を片手に、空港ならではの待ち時間が過ごせる。 そのほか店頭ではパンやサンドイッチなどをはじめ、パスタやハンバーガーなどのテイクアウトも可。場所は保安検査後の北ターミナルで、搭乗者のみ利用できる。営業時間は朝6時30分から20時20分。 取材・文/野村真帆

【関連記事】