Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『エール』鉄男役の中村蒼、希穂子との恋を語る 「彼の決断にご注目ください」

配信

リアルサウンド

 毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHKの連続テレビ小説『エール』。村野鉄男役の中村蒼より、コメントが寄せられた。 【写真】鉄男(中村蒼)と希穂子(入山法子)の切ない恋模様  本作は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田正孝)とその妻・音(二階堂ふみ)の物語。第9週「東京恋物語」では、鉄男の儚く切ない恋物語が描かれている。  裕一の呼び出しにより福島から東京へ訪れた鉄男は、かつての恋人・希穂子(入山法子)に偶然再会。2人は福島で幸せな日々を過ごしていたが、鉄男に新聞社の社長令嬢との縁談が持ち上がったことを知った希穂子は、自ら身を引き福島を去ったのだった。  中村は、「鉄男と希穂子が福島で暮らしていたころの回想シーンはすごく幸せそうですよね。その後、2人が別れてしまったことを知りながら演じていたので、その分余計に切なくなりました」と撮影を振り返る。  鉄男は希穂子にどんなに冷たくあしらわれても、復縁を望み、一途に追いかけていく。2人の恋物語について、中村は「希穂子さんとのことは鉄男にとって、心にグシャグシャに突っ込まれていたものが整理されて、きれいに包装して物置にしまえたような感じかなと思います。鉄男の中でずっとモヤモヤしていたんでしょうね。それに決着をつけないと次に進めなかったと思うんです。それで彼女を探しに東京へ行って、そこでまた彼女の優しさを知って、大切な人を幸せにしてあげられない自分を悔やんで……。でも伝えるべきことは伝えるところは男らしいなと思いました」とコメント。  そして、今週の放送では、裕一が作曲、鉄男が作詞を手がけた「福島行進曲」が完成となる。鉄男が綴った歌詞は希穂子を思って書いたものだった。中村は、「『福島行進曲』は裕一との初めての曲です。子供の頃からの夢が十数年の時を経て叶う奇跡的な出来事です。大事な人と大事な故郷を思い描きながら出来た曲。まさに2人にしか作れない唯一無二な作品だと思います」と、楽曲に込められたものを分析する。  最後に、今週の『エール』について、「裕一を励ます側だった鉄男が、希穂子との恋に悩んで弱気になったり、お酒を飲み過ぎて泥酔してしまったりと、新たな一面が描かれました。恋の行方はもちろん、作詞家としての1歩をどう踏み出すのか、彼の決断にご注目ください。今後楽しみにしているのは、(久志も加わった)やはり3人そろって曲を作るところです。最初のうちは鉄男も作詞家としてなかなかうまくいかない日々を過ごすと思いますが、そこからいうふうに爆発していくのか僕自身も楽しみにしていたいと思います」とコメントを寄せている。

リアルサウンド編集部

【関連記事】