Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【安田記念】「内から5頭目が最も伸びる馬場」「脚質の有利不利は無し」 今年は上位勢での決着が濃厚!

配信

SPAIA AI競馬

驚くほど速いタイムの決着は無し

GI8勝目を狙うアーモンドアイが中2週で参戦、昨年の春秋マイル王インディチャンプや暮れの香港マイルを制したアドマイヤマーズなど、今年の安田記念(GI・芝1600m)は超豪華メンバーが揃った。今回も東京競馬場の馬場傾向と出走各馬の馬場適性の観点から分析していく。 【安田記念2020予想1】シルクレーシングがデータ上アツい!アーモンドアイ・インディチャンプの牙城は崩れない!?(SPAIA編) 先週末、5月30日(土)と31日(日)に東京競馬場の芝コースでは11レースが行われた。Cコースに変わって、どのような傾向が見られたのだろうか。 先々週は3歳1勝クラス(1600m)で1:31.7というタイムがマークされるなど、かなりの高速馬場だったが、先週は3レースが行われた1600m戦で最も速い決着となった葉山特別(2勝クラス)でも1:33.3。依然として良好な馬場状態ではあるものの、驚くほどのタイムが出ることはなかった。 上がりタイムは、2400m以上のレースが4レースあったということもあるが、勝ち馬が33秒台の上がりを使ったレースは11レース中4レースのみ。こちらも東京コースにしては地味な印象を受けた。 Cコースになり、再び先行馬有利の傾向になるかと思っていたが、11レース中7レースが差し決着。その内4頭は4角10番手以下を追走しており、後方からレースを進めても差し届く馬場だった。しかし2着、3着の約半数にあたる12頭が逃げ・先行馬でもあるので、「極端な脚質の有利不利は無い」と言えるだろう。 先週のコラムでは、Cコースに変わって内から5頭分が伸びる馬場になると予想。果たしてその通りになったのか振り返ってみよう。 最多の8頭が馬券に絡んでいたのは、内から2頭目(2着4回、3着4回)。しかし、勝利数では内から5頭目の5勝(2着1回、3着1回)が最も多く、ついで最内が3勝(3着2回)と続いていた。 こうしたことからも、基本的には想定していたように「内から5頭分が伸びる馬場」だったと言えるが、その一方で内から6頭目を通って勝利したナスノシンフォニとセントレオナードのように、力が抜けている馬であれば、多少外を通っても差し切れる馬場状態でもある。

【関連記事】