Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「内容は全く信用できない」「ウィキと略さないで」 Wikipedia日本語版管理者に聞く、使い方&楽しみ方のそもそも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 「日本の読者の皆さまこんにちは。申し上げにくいのですが、この金曜日にあなたからの支援が必要なのです。私たちは非営利団体であり、営業担当はおりません」 【映像】ひろゆき氏ら出演者の“Wikipedia”を検証  最近、Wikipediaにアクセスすると大きく表示される寄付のお願い。そこまで呼びかける理由は、Wikipediaが非営利団体であること。つまり、活動資金はすべて寄付で賄っている。  Wikipediaは、誰でも執筆・編集が可能で、公式には載っていない情報が満載のネット百科事典。全世界でおよそ5400万以上の記事が存在し、すべてボランティアが執筆・編集している。では、実際にどんな人が書いているのか。

 Wikipediaの記事を書いたり編集したりする、通称“ウィキペディアン”のサトウさん(仮名)。お金をもらっているわけではないが、「記事を書くためには色々と調査が必要だし、そのコンテンツについて書いてある本や記事というのはいっぱいあって、本をちゃんと読み解くのに時間が必要。例えば、論文の参考文献をいちいち調べていくとか、図書館に行って目当てのものがありそうな棚をひたすら見てみるとか、そういった調査をしている方も多くいらっしゃる」と、熱量はプロの編集者レベルだ。  ウィキペディアンには執筆を楽しむ人だけでなく、荒らしやイタズラから守る管理者もいて、日々パトロールをしている。見るだけで全く知らないWikipediaの実態。18日の『ABEMA Prime』は日本語版管理者に選ばれて14年の青子守歌さんを招き、運営の裏側を聞いた。

■管理者の仕事とは? ウィキペディアンのモチベーションは?

 Wikipediaによると、Wikipediaは「世界中のボランティアの共同作業によって執筆されるフリーの多言語インターネット百科事典」。米ウィキメディア財団が運営し、資金は寄付金で賄う。2020年7月時点で300言語、記事数は5400万以上あるが、情報の信頼性・信憑性や公正性などは一切保証されていない。  一般の人は「執筆と編集」ができるのに対し、管理者は「記事の保護(編集できない状態にすること)」「記事の削除」「ユーザーブロック」を行うことができる。管理者になるには投票による選考を経る必要があり、日本語版管理者は18日現在で40人いる。  管理者の仕事について青子守歌さんは、「一般の人が勝手に記事を削除して復帰してとか、特定の人が荒らしをブロックしたりすると大変なことになってしまうので、そういう権利は一部の信頼された人にだけあげましょうというのが管理者。保護や削除も管理者が判断するのではなく、誰かから依頼されてボタンをポチっと押す係なので、全然偉くはない」と説明する。

【関連記事】