Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アメリカの結婚式も割安・ライブ配信の流れ。コロナが教えてくれた「マイクロ・ウェディング」の魅力

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

「『ラスベガス』スタイルの結婚式」と聞いて、何を想像するだろうか。少人数の家族や親しい友達のみが立ち会う、温かみのある結婚式か、比較的安上がりで行える式といったところではないだろうか。 実は米国を中心に今トレンドになっているのが、この「ラスベガススタイル」をよりスタイリッシュに、美しくし、ライブストリームを加えた「マイクロ・ウェディング」だ。新型コロナウイルス禍だからこそ誕生し、コロナと共生せざるを得ない現代にぴったりの結婚式といわれている。今をときめくマイクロ・ウェディング。一体どんな結婚式なのだろうか。

コロナがウェディング市場に与える損失は約710億円

米国国内で、今年予定されていた結婚式は100万件に上るといわれている。これは米国を拠点に世界15カ国のカップルを対象に、結婚式のプランニングや、アイデアの提供を行うウェブサイト、ザ・ノットによる予想だ。 しかし、3月中旬からコロナに対する規制が始まり、挙式が難しいと判断したカップルは、もともと予定していた式にできるだけ近い日にずらしたり、今年から来年や再来年に先延ばしにしたりするカップルが増えた。中には、キャンセルを決めたカップルもいた。 米国内の市場調査会社であるアイビスワールドは、コロナによる結婚式の縮小化・延期・キャンセルが、挙式やイベント催行会社に与える損失は6億7000万USドル(約710億円)に上ると見込んでいる。 国内のカップルが結婚式に費やす平均金額は約3万4000USドル(約360万円)だそうだ。これには結婚式、披露宴、婚約・結婚指輪の費用が含まれる。2万7000組のカップルを対象に、結婚式の情報を提供するウェディングワイヤーが行った調査の結果だ。 アイビスワールドによれば、ウェディング産業は7400億USドル(約78兆円)の規模の、非常に大きな産業だ。120万以上の雇用も創出している。今回の損失は数字上では、そのほんの一部。しかし、損失には変わりない。

【関連記事】